日々ろぐ

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方[書評]

| 2013.04.23 Tuesday |

みなさんこんにちは
田中の方です。

たまには趣を変えて書評みたいなことをやってみたいと思います。
今回はこちらの本。
良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方

「どうせ読まれることないし」
「まるごとパクればいいんじゃないの」
「免責しとけばなんとかなるよ」

この3行、まさしくそうそうと言いたくなるようなセリフですよね。
正直なところお客様のサイトを扱う上でも避けて通れない部分なんですが、一度はしっかり考えないといけないと思いつつ後手後手にしていました。

前回、食品表示ラベルの話を書いて好評頂きましたが、この本を読んで「利用規約」や「プライバシーポリシー」においても食品表示と同様、同じ態度で接すればいいんだと思いました。

めんどくさいけど法律で決まっているからともかく体裁だけ整えてやり過ごそうという態度は正しくないというよりはもったいないなあということです。

法律といっても私たちの常識の延長線上にあることには違いないし、そういうルールになっていることにはそれなりの必然性があるわけです(そうじゃないものも多少ありそうだけど)。自分の作った商品やサービスを誤解なくきちんと届けるには絶対必要な要素です。

本のなかで取り上げられていたEvernoteの利用規約ですが、読んでいて気持ちの良い規約ですね。
サービス利用規約 | Evernote
Terms of Service | Evernote(オリジナルは英語のほうです)
難しい言葉遣いをなるべく廃し、規約とは何なのか?というところからサービスを提供する上でなぜこういうルールを定めなければいけないのか?という部分にも触れています。
規約を読んで快適に自社のサービスを使ってほしいという気持ちが伝わってきます。
自社サービスに対する自信や誇りもちょっと感じますね。

食品表示同様、最終的には法律の原典に当たる必要も出てくると思いますが、まずとっかかりとしておおまかにポイントを掴むには良い本です。
ウェブの登場でどなたでも気軽に物を売ったりサービスを提供したりできるようになりました。
そういう意味で皆さんにおすすめしたいと思います。
もちろん、考藤にも薦めましたが・・・睡眠薬としては役に立っているようです。読みやすい本だとおもうんだけどなぁ。

ああ、こんなオチで終わってしまうと何なんですが、本当に良い本だと思います。はい。

SEOが不十分かどうかの判断ポイント

| 2011.12.26 Monday |

みなさまこんにちは。
田中です。
考藤にひきかえ、私の方はブログの更新が滞ってしまいました。
今後はもうすこしざっくばらんな内容で頻繁に更新していきたいと思います。

今回はアクセス解析話の続きです。
SEOを考えたほうが良いのかどうなのか判断するポイントです。

ずばり、サイトのページビュー合計のうちトップページが占める割合が50%を超えるようであればSEOが間違いなく不十分です。

この表を見てください。
これは私が管理しますサイトについて、全ページビューにおいてトップページが占める割合をまとめたものです。

縦軸がトップページが占める割合(今後、占有率と呼びます)、横軸がサイトのページ数つまりサイトの規模を表しています。

サイトの規模が大きくなるにつれて占有率が減っていくことがわかります。
一方でサイトの規模が小さくなるにつれて占有率は上がって行きますがそれでも50%を超えることはありません。

もちろん、サイトの規模が小さく、トップページしかないようなサイト(当然占有率は100%です)、数ページしかないようなサイトでは占有率は50%を超えると思いますがそういうサイトは除きます。少なくともページ数が5ページぐらいはあるサイトについて考えています。

占有率が50%を超えないということに根拠はあるでしょうか?
ユーザー・訪問・ページビュー – アクセス解析用語解説 のなかで3つのケースを出して説明しましたが、それぞれのケースの占有率を計算すると、50%・33%・50%、全体では44%となります。

これを見ても、トップページを一目見て帰ってしまうような人が多数を占めないと占有率が50%を超えることはなさそうです。
占有率が高いサイトというのは、個別のページに訪問してくれる人が少なく、そのサイトを必要としている人にきちんと届いていない状態です。

主な原因としてはページのタイトルの付け方が上手じゃい、そもそもついていない、HTMLの書き方に致命的な欠陥があることがほとんどです。
占有率が高い方はぜひ見なおしてみてください。
外部リンクや広告枠を買うことを考えるまえにぜひやってください。
ご相談もお待ちしています。

今日はこのへんで。

フィード ・RSS その2 – ウェブ用語解説

| 2011.09.19 Monday |

フィード ・RSS その1 – ウェブ用語解説 の続きです。

ブログとフィードは親友だ!

もしあなたがブログをお使いでしたら、まず間違いなくフィードは提供されています

自分のサイトがフィードを発行しているかどうかはブラウザが教えてくれます。

下はインターネットエクスプローラ8の様子ですが、オレンジ色のアイコンが表示されていますね。

これはフィードアイコンと言われるものです。フィードを発行していることを示すものとしてどのブラウザでも共通で使われています(たまにオレンジ色じゃないことはありますがデザインは同じです)。

どうですが?ご自身のブログやサイト、お気に入りのサイトなどを確認してみてください。かなりのサイトでフィードが提供されていることがわかると思います。

このようにフィードが一般的になったのはブログの影響がとても大きいと思いますね。

ブログの功績としてよく言われるのが「ウェブに関する技術がない人でも気軽にウェブ上で情報発信ができるようになった。」ということです。

これはまさにそのとおりだと思いますがもう少し掘り下げて考えるとブログの最大の功績は次のように言えると思っています。

「無限の画用紙といえるウェブページのなかにレポート用紙といえる記事(投稿)という単位を導入したこと」

先生のお手本を見せてあげないと画用紙の前でフリーズしてしまう子供たちを嘆いている評論家がいましたが、実際、画用紙だけ与えられて「好きにやってごらんよ!」て言われたらほとんどの大人も途方に暮れますね笑。

表現には勇気と技術が必要です。ブログはこの両方のハードルをちょっぴり下げてくれました。そしてそれだけじゃないです。

”タイトル”と”内容”をフォームに記入すれば”日時”と”誰が”書いたかを付加して、見やすいように出力してくれます。

ここで気づきましたか?

ブログからデザイン要素(見た目の部分)を取り去るとフィードのフォーマットそのものなことに。(フィード ・RSS その1 – ウェブ用語解説 を参照)

もともとフィードという考え方そのものはブログが出てくる以前からあったものですが、ブログがうまく取り込みました。

見方を変えればブログはフィード生成機です。

ブログはただ誰もがウェブ上に自分の意思を書き付けられるようにするだけじゃなく、広くウェブの中に浸透させるように頑張ってくれます。

実はブログが出てきた当初、私自身は馬鹿にしてたんですね苦笑。あんなのは出来損ないのサイトじゃないかと。ウェブから自由度を奪ってどうするんだと。俺は技術を持ってるんだからそんなものは必要ないと。

でも、当時私自身も自分の趣味のサイトの管理がだんだん大変になってきて、自前でブログシステムのようなプログラムを作って動かすようになってきました。

で、必要性がわかってくるようになりさらにフィードですね。自前のシステムにはフィードのような仕組みは持たせてなかったです。自前で実装するのはちょっとめんどう。

でも、どうせ何か書いたらやっぱりひとりでも多くのひとに読んで欲しいとも思ってきますよね。

じゃあ、やっぱりブログだなと笑。こんな経緯で、私は身を持って実感としてブログが現れてきた必然性を感じています。

いまでは私が受けるウェブ制作の仕事のかなりの部分がブログエンジンやCMSをカスタマイズして提供することになっています笑。

ここで余談ですが(ここまで書いてきたことも余談のようなものですが)

私自身もブログのようなシステムを自前で作ったと言いましたが、記事とかフィードとかそういう概念は浮かばなかったですね。

自分の書きたいことが簡単に更新できて公開できればいいと。

ブログという方法、記事という単位、フィードの意味に気づいたとき、やっぱりこれは大陸的というか宣教師的というかアメリカ的というか向こうの人達の哲学が含まれているなあ、としみじみ思いました。

 

フィードはこんなふうにも使われているよ

話変わって、ここではグーグルリーダーのようなフィードリーダー以外にフィードが使われていてる例を紹介します。

TRiM.のフェイスブックページでの例です。

このサイトの更新履歴がこのようにフェイスブックページ内に表示されています。

最近のソーシャルメディアと言われるものは(フェイスブックとかツイッターとかミクシーとか)このようにフィードを吸ったり、逆に投稿したメッセージやコメントをフィードとして吐き出す仕組みがついています。

下はまた別の例。ちょと前に私が作りました、千代田区社協さまが運営されているサイト ちよだご近所かわらばんです。

千代田区内の6地区がそれぞれブログを持ちまして情報発信をしています。

6地区+事務局あわせて7つのブログの最新記事をトップページに表示しています。

情報の収集には各ブログが吐き出すフィードを利用しています。

このようにサイトとは別にブログを持った場合でもフィードを利用すればサイトのトップページにブログの更新情報を掲示することが可能です。
サイトの更新は業者任せで臨機応変に手が出せないことに不満がある時でも、このようにブログを持ち更新情報がトップページに出せるようにだけ改修すれば、サイトの躍動感も演出できますね。

じつは、グーグルなどの検索エンジンもページの収集にフィードをあてにしています

サイトを持っているならフィードは発行しておかないともったいない

いろいろ見てきましたがサイトがフィードを持っていると、サイトの内容がネット上で活用されやすくなるということです。

結果として、より多くの人の目に触れる可能性が増します。

私は、あなたのサイトの実力を100%発揮させるにはフィードを提供するということは必須の条件だと考えています。

ブログやCMSなどの仕組みが入っていない既存のサイトでもフィードを簡単に発行する方法はありますので、ぜひご相談ください。

では、また。さいごまで、ありがとうございました。

フィード ・RSS その1 – ウェブ用語解説

| 2011.09.17 Saturday |

今回も用語解説にしました。フィードとRSSについて解説します。

たびたび質問される言葉だったのでここでしっかりまとめておきたいと思います。

一般的には

「フィードとはウェブサイトが更新情報を提供すること。その提供するデータのフォーマットの一つがRSS。」

などという答えになりますがわかったようなわからないような感じですね。

フィードとは英語のfeedのことですが、与えるとか養うとかそのような意味ですね。私は「食べさせる」というのが今のところ一番しっくりきます。

ではなにがどんなものをなにに食べさせるのか?そしてなんでこんなものが必要とされるようになってきたのか?

述べたいと思います。

お気に入りのサイトが更新されているかどうかいちいち確かめにいくのがもうめんどくさいよ

これは私の心の叫びですが。これです。フィードはこの問題を解決してくれます。

フィードが普及する以前、お気に入りのサイトが更新されているかどうか確かめるには、ブラウザを開いてお気に入りからサイトをえらんで実際にそのサイトにアクセスする。こうするしかなかったですね。

お気に入りのサイトが少ないうちはこれでも良かったんです。しかし、サイトの数はどんどん増えていきますよね?そうしたらそんなこといちいちやっていられないです。

じゃあこれをどうやって解決しましょうか?

サイトが更新されているかどうか代わりに定期的に確かめてお知らせします

私は数年前からグーグルリーダーというサービスを使っています。

ここにお気に入りのサイトを登録しておくと更新情報を収集してリスト化してくれます。

下のスクリーンショットはこのサイト(TRiM.)の更新情報がリスト化されている様子です。

 

じゃあどんなサイトでもグーグルリーダーは更新情報をリスト化してくれるかというと、そうじゃないです。フィードを発行しているサイトのみです。

グーグルリーダーはサイトが発行するフィードを定期的に食べて消化してリストに整理してくれます。

グーグルリーダー以外にもフィードを食べてくれるサービスはいろいろあります。それはまた最後に紹介しますね。

フィードはサイトが発行し様々なサービスや別のサイトが食べます。つまり私たちが直接目にして楽しむものじゃないんですね。コンピューター同士がやり取りのために使います

この点が、フィードという言葉をよく目にするんだけどなんだかよくわからないものにしている一因じゃないかと思います。

フィードの実体はどんなもんなのよ?

さきほど、フィードは直接目にして楽しむものじゃないといいましたが、私はたまに眺めて楽しんでいます。

たしかに私は変わった人だとかしばしば言い渡されますが、フィードはどなたでも読もうと思えば読めます。普通の言語で書かれています。多少の英語が出来さえすれば読めます。ワードやメモ帳で書いたり編集することもできます。

さあ、ここですぐにフィードの実体を紹介しても良いのですが、ここまででフィードがどんな性格なものなのかわかっていただけたと思いますので、フィードがどんな情報を含んでいたらよいか?どんな形式で記述されていたら都合が良さそうか?一緒に考えてみましょう。(めんどくさい人は読み飛ばしてください)

 コンピューターはめんどくさがることはないけれどどこが更新された情報なのか分からない

ここで話を少し戻します。

私たちは繰り返しとか定期的とかそういうことが苦手です。

この点、コンピューターはなんでもないです。定期的に更新情報を収集するなんてお手のものです。

しかし、彼らはただサイトを見ただけではどれが更新された情報なのかわからないんですね。

なので、教えてあげましょう。

このサイトを例にとって考えます。

まず、サイトのタイトルなど基本的な情報

タイトル TRiM. – Web, Graphics & Photo
URL  http://trim.bz
最新更新日  2011/09/17

 

とりあえずこのぐらいで

あとは、コンテンツを加えていきましょう。基本はいつ誰がなにを書いたかですね。

さきほど考藤が書いた記事

タイトル カッシャンカッシャン
リンク http://trim.bz/2011/09/17/201
筆者 考藤 正海
日時 2011/09/17
概要 最近買ってきたもので、 田中大喜び!したものがあります。無印良品のコーナーカットパンチ。 カッシャン!とパンチするだけで、紙のコーナーを直角から角丸(ラウンド)に変えられる文具です。

こんなふうにまとめていけば良さそうです。

じゃあ実際、フィードはどんなふうに書かれているか見てみましょう。(振りが長かったですね笑)

中身は以下のとおりです。上に書いた例と比べてみてください。項目がただ英語で書かれているだけでおなじですね(タイトル → title など)。

(クリックして大きな画像で見ていただいたほうがよくわかります)

このサイトのフィードは http://trim.bz/feed で実際に発行してます。

 

 

 

実は、実際はもっと多くの情報が含まれているのですが、分り易くするために、上記の項目以外のものは省いてしまいました。

このフィードはRSSという形式で書かれたものです。ほかにもAtomという形式もありますが、似たような雰囲気です。この2つが標準になっています。

ここまででフィードの説明はおしまいですがもう少し続けます。

フィードは便利かもしれないけれど自分のサイトでも発行しようと思ったらどうすればいいの?

って思いませんか?先程の例のようにやっていたら大変ですよね。

フィードを収集するのはコンピュータに任せられてもフィードを料理してサービスするのが手作業だったらばかみたいですね笑。

じつはこの問題とブログの登場は密接な関係があります。

しかし、今日は疲れてしまったので、続きは明日書きます。

フィードの様々な活用のされ方

サイトの更新情報を確認するのがめんどうだから、というものぐさな理由からフィードの導入理由を説明しましたが、もっと積極的な活用がたくさん行われています。たぶんみなさんも見かけているはずなんです。

これも、今日は疲れてしまったので、続きは明日書きます。

 

では、今日はこんなところで。

お付き合いありがとうございました。

フィード ・RSS その2 – ウェブ用語解説 に続きます。

 

他人のサイトのアクセス数はあまり気にしないようにしよう

| 2011.09.13 Tuesday |

本論に入る前に、もう少し前段を重ねます。

自分のサイトを持ってアクセス解析を設置すると、サイト全体のマクロな数字(ページビューとか訪問者数など)に日々、一喜一憂することになるとおもいます。

そして同業他社の数字も気になります。私自身もそうでした。

そして、いつの間にか飽きてしまいます。私自身もそうでした。

しかし、他を気にするより自サイトの細かい変化を飽きないで気にし続ける方がずっと大事です。(商いは飽きないことだ!)

なぜ、他を気にしても仕方がないのか。理由を述べたいと思います。

アクセス解析の方法が異なると同じ指標でも数字が異なって出るから

アクセス解析に利用するソフトやサービスが異なると同じ指標でも数字が違ってしまいます。どれぐらい異なるかは一概には言えませんが2割ぐらいは違ってしまうというのが私の実感です。

他のサイトと数字を比較するときはどんな方法で計測したかわからない限りはオーダーを参考にするぐらいにしましょう。

アクセス解析の方法について詳しく知りたい方は アクセス解析ツール3つのタイプ – ログ型/ビーコン(タグ)型/パケットキャプチャ型(第2回) | Web担当者Forum が参考になります。

サイトの作り方で数字の有り様が違ってしまうから

同業種同程度の利益を上げているサイトでも、指標の出方はサイトの作り方によって全然違ってきます。

例えば、商品の紹介ページにおいて、概要と詳細を1ページにまとめるか?複数のページに分けるか?というだけでもページビューは2倍近く変わってしまいます。

マクロな数字を眺めていてもサイトの改善点は見えてこないから

マクロな数字からはサイトに対する打つべき手は見えてきません。

私は中日ファンなので順位表眺めながらヤクルトとの直接対決を何勝何敗でいけばどうのこうの・・・と妄想したりもしますが、当事者の方々はそんなことどうでもいいと思っているでしょう。そんな皮算用しても勝ちには近づいて行くことはないですから。

(さらに余談ですが、中国にGDPが抜かれたというニュースを思い出してこんなのを眺めていました。GDPや成長率が評論家のネタになったり政府が批判される要素になるのはわかりますが、その数字から国のどこに問題があるのか?それに対してどう手を打ったらいいのか、といった話には広がって行くことはないですね。でもグラフを眺めているのはたしかに楽しいですね。)

 

じゃあ、どの数字をどう見ていくかということですが・・・

それは次回以降に!

ユーザー・訪問・ページビュー – アクセス解析用語解説

| 2011.09.09 Friday |

考藤がよく投稿してくれるのでやや油断している田中です笑。

さて、最近ではお客様からアクセス解析は付けていただけますか?
と尋ねられることが当たり前になってきました。

しかし、設置は当たり前になってもそのデータをどう読んで活かしていくかというところまではまだたどり着いていない方がほとんどです。

サイトを訪れた方が意見を言葉で伝えてくれることはまずありませんが、その一端はアクセスデータとして残ります。
アクセス解析を読めるようになると、訪問者の気持ちが見えてきます。

(意見を寄せてくれる方はとても貴重な存在ですが、その意見に方針が引っ張られすぎる危険もあります。この点でもアクセス解析をどう読むかは重要です。)

このブログではアクセス解析をどう読むかも一つのテーマに据えたいと思います。

前置きが長くなりましたが、今回は話を進めていくうえでベースになるアクセス解析用語の解説をします。

ユーザー・訪問・ページビューの3つです。
これだけ押さえればあとの用語のほとんどは一般的な言葉との組み合わせですので意味が推測できます。

アクセス解析としてはグーグルアナリティクスを例にすすめます。
他のサービスでは言い方が異なる場合や若干定義が異なる場合もありえます。

ちなみに、グーグルアナリティクスの導入、5000円~で請け負います。よろしくおねがいします笑。

ブラウザからこんな画面でデータが見られます。これはこのサイトのデータです。しょぼいですね苦笑。

ユーザー

直訳すると”利用者”。
アクセス解析では”誰が”アクセスしてきたかを区別することは原則不可能です。可能なのはどの端末(パソコン、ケータイ、スマートフォンなど)からアクセスされたかまでです。したがって端末を利用者とみなしてカウントします。

訪問

同じユーザーがある時間以内*に閲覧した一連のページをまとめて1単位としてカウントします。ビジター(Visitors)、セッションなどという場合もあります。
*グーグルアナリティクスの場合には30分以内です。他のアクセス解析ソフトでもこれぐらいの時間の場合が多いです。

ページビュー

直訳するとページ閲覧。
ページが延べ何ページ見られたのかカウントします。同じ人が同じページを何回も見てもその回数分だけカウントします。

上記の定義からユーザー・訪問・ページビューにはどんなサイトであっても以下の数量関係が常に成り立ちます。

ユーザー ≦ 訪問 ≦ ページビュー

この大小関係感はぜひ頭に入れておいてください!

これだけでは実感がわきませんので例を挙げて、ユーザー・訪問・ページビューを数えてみましょう。

ケース1 – 甲さんがある日の午前中、自宅のパソコンでお気に入りのサイトXを見ていました。

トップページ、ページA、ページB、トップページ

の順に見ました。

ケース1 
閲覧順 ページ名 ユーザー数 訪問数 ページビュー数
1 トップページ 1 1 1
2 ページA 1 1 2
3 ページB 1 1 3
4 トップページ 1 1 4

トップページの2回目の閲覧もページビューにカウントされます。

ケース2 – 夕方、同じ自宅のパソコンからサイトXを見ていました。

ページB、トップページ、ページC、

の順に見ました。

ケース2 
閲覧順 ページ名 ユーザー数 訪問数 ページビュー数
5 ページB 1 2 5
6 トップページ 1 2 6
7 ページC 1 2 7

ユーザー数は増えませんが、訪問がカウントされ直すことに注意。

ケース3 – 夜、スマートフォンからサイトXを見ていました。

トップページ、ページD

の順に見ました。

ケース3
閲覧順 ページ名 ユーザー数 訪問数 ページビュー数
8 トップページ 2 3 8
9 ページD 2 3 9

別の端末から閲覧されたのでユーザー数が加算されました。

いかがでしたでしょうか?
これをもとに今後話をしていきます。

また、適宜用語解説もやって行きます。解説して欲しい用語もお寄せください!