日々ろぐ

暑中お見舞い申し上げます

| 2015.08.04 |

今年は酷暑が続きますね。

東京は夜になっても熱気がひかない、寝苦しい日が続いています。

朝は冷やし茶漬けを夫婦でさらさらといただいて、クールダウンするのが最近のわたしの定番です。これに酢の物があると最高です〜。

 

夏のグリーティグカードを作りました。

shochumimai_2015

涼しげな色を組み合わせてみましたよ。

目から少しでもクールダウンしていただけたら幸いです。

 

図案は「カリグレイスコープ」という技法を使わせていただきました。

アルファベットを組み合わて回転させた模様で、河南美和子さん発案の技法だそうです。わたしの通っている教室の先生がはまっていて紹介してくれました。なかなか楽しいです。

テキストもPart.3まで発売されてますので興味のある方はどうぞ↓

『カリグレイスコープ 文字の万華鏡Part1
色鉛筆とカラーボールペンでアルファベットをデザインする』

 

夏本番、いい汗をかいてみなさま元気にお過ごしください!

 

顔ハメパネルつくりました

| 2015.03.09 |

種と食のおいしい祭2015」はぶじに盛況に終わりました。

ぶじにといっても、小さい失敗はいろいろあったのですが、スタッフのギリギリに発揮されるパワーと、寛大なお客様がたのおかげでなんとどうにか終わりました。

国分寺に集う客層は心があたたかい。そう思うのはわたしだけではないはず!

 

さて、今回はわたし、今までにはない試みをしてみました。

手作りの顔ハメパネルを持参、笑顔の種まきです!

 

Kaohame-01

 

お客様や出店者さんにも声をかけてハマってもらったりと、交流を楽しみました。

パネルは段ボール製、制作費はおそらく200円以下かな? 顔部分のサイズはネットで調べた日本人の平均値より、きもーち小さめにしました。

くり抜くところは田中も手伝ってくれました。手先が器用なので助かります。

わたしは頭の中で大雑把に作り方と完成図ができると、細部は考えずにどんどん作り始めちゃうタイプ。なので途中で長さがあわなかったり、角がずれたりで行き詰まり、はては工作が苦手だった子供時代の記憶がよみがえっちゃったりして、心身ともに疲れるのがよくあるパターンです。

田中はそこは正反対。慎重派なうえに細かい作業も好きなので、フォローしてもらっています。

だったら最初に相談してから作り始めればいいんだけど、それはそれで面倒なんですよね〜。いきおいがそがれるというか。

ともかく、おかげでなんとか使えるものができて、多くの人にハマってもらって素敵な完成形を見ることができました。

ハマってくださったみなさま、どうもありがとうございました〜。

 

 

たねと食のおいしい祭2015

| 2015.02.16 |

イベント告知です。

今年で3回目となりました「たねと食のおいしい祭2015」@カフェスロー。

3月1日(日)開催です。

たねTOP

 

いよいよ内容も充実してきたし、WEBサイトがほしいよねということで、わたしと田中で簡単なものを作りました。

今年は対談形式のトークライブが4つもあり、お招きしているゲストも多いので、サイトからプロフィールなどを一望できるのは便利だと思います。

農風の活動で何度も畑を訪問している、茨城の「POCO A POCO農園」さんは今年はご夫婦でトークライブに参戦です。同じくご夫婦で自然農をされている一反百姓「じねん道」さんと「たねと家族」と題した夫婦対談を行う予定。

自然なスタイルの子育てを実践中の方々なだけに、おもしろいお話が聞けそう。

わたしは当日受付担当なので聞けないのが残念です。

 

 

みんなでShowYou2014

| 2014.11.13 |

今年もアースデイマーケットの場を借りて、手づくり醤油の持ちより会を開催いたします。

11月23日(日)12時から代々木公園けやき並木です。手づくり醤油を持って来られる方、持ってないけど興味のある方、お待ちしておりま〜す。醤油はもろみの状態でOKです。

2014_醤油ヌーヴォー

 

発端は2013年のあたま。北風の吹くなかマーケットに行くと、手づくり醤油キットが並んでいるではないですか!

bace of soysauce

 

陰陽ライフの花井さんが売りに来られてました。ちょうど週末農風の仲間で醤油づくりの話が出てきてたころだったのもあり、田中をはじめみんな食いつく食いつく。

そういうわけで、同じ時期にこの醤油キットを5名がそれぞれ仕込むことになりました。

味噌はここ何年か作っていますが、お醤油は難しいから家では無理だと思っていました。このキットだと水を入れれば仕込み完了。

 

醤油育ててます

うちでは田中が一生懸命ふったり写真を撮って記録したりとお世話につとめ、いい香りが漂いだしましたが、じゃあ他のみんなのはどうなの? と気になりだします。

 

そういうわけで、2013年に第一回の持ちより会を開催しました。

943013_725425127486288_2038867241_n 1476360_725425204152947_1062506785_n

 

ポコアポコ農園さんが、自前の大豆で仕込んだ醤油を持ってきてくださったり、シェアハウスで醤油を作っている学生たちが来てくれたりと、楽しい会になりました。

つまみ(?)にはマーケットで買って用意した野菜を生でもろみにつけパリパリパリパリ。これがとまらないんですよね。

嬉しいことにうちの醤油は評価が高く、さっそく田中は次の醤油キットを花井さんから購入していました。

 

 

去年は並行して豊穣庵で大豆の種まきからの醤油づくりにもチャレンジしました。

http://xn--7pv151g3kav3z.jp/category/%E8%BE%B2%E4%BD%9C%E6%A5%AD/%E8%B1%8A%E7%A9%A3%E5%BA%B5/page/2

こちらはちょっとハラハラする仕上がりになりそう。

うちでは陰陽ライフのキットと上記の豊穣醤油を2瓶仕込んだので、計3瓶が並んでいる状況です。

醤油2014

陰陽ライフのはさすがの安定感といった香り。色も濃厚です。残り2瓶が23日までに少しはおいつけるといいのですが。。

こんなにあるので今年はしぼってみようと田中と作戦を練っているところです。それも23日までに試す予定。さてどうなることか、またお伝えできればと思います。

 

 

9月といえば

| 2014.09.02 |

 

IMG_1977

9月といえば田んぼで稲刈りです。

もう今週末にせまってきました。千葉のみやもと山さんに行きます。

去年は電車を接続で乗り遅れるという痛恨のミスをおかし、着いたらほぼ終わっていたので今年は遅れずに行きたいです ^ ^;

去年も今年も田中は商店街のイベントがあるそうなのでまた一人で参加です。(←これがミスのもと?)

 

ここ数年、9月になるとSNSのタイムラインに続々と稲刈り報告が流れてくるようになりました。

稲刈り未経験の人は周りにいないんじゃないかと錯覚してしまうほど。

 


稲穂1

お米は大事な大事な主食ですからね。どうやって育ち収穫されるのか興味津々な人が多いのもわかります。

でも案外都会の人より地方の人のほうが経験ないのかもーとも思います。逆に身近だと関心が薄らぐというか。遠いほうがありがたみが増すというか。

ちなみに私は電車で片道2時間半以上かけ日帰りで行っています。毎回遠いな〜と思いながらも、稲穂の美しさに惚れ惚れしたり、みんなで食べるおいしいご飯に感激したり、ありがたいことがいっぱいです。

といっても若い頃はあまり興味がありませんでした。歳をとるとともに、もっとも身近な「食べる」ことへの無知に気づき、知ると驚きがいっぱいあって、もっと知りたくなるのスクランブルです。何よりおいしいものを教わることが多いですしね。

最近は雨が多くおかしな季節感ですが、週末は晴れを祈るばかりです。

 

 

 

 

多様性の美しさ 〜色々米〜

| 2014.06.01 |

 

いろいろ米−1

いろいろ米-2

昨晩のカフェスローのイベントで購入した「いろいろ米」です。ぱっと見雑穀米?かと思ったらなんと全部がお米でした。51種類のお米のつぶが一緒になって「きれいでしょ〜♪」と言っているみたい!
このたくさんの種類のお米はみんな、千葉で在来のお米を守り継ぐ活動をされているピースシードさんの田んぼで取れた種から育てられたものです。51種類でもすごいのに、なんと全部で350品種も栽培しているというからびっくり。

イベントはドキュメント映画上映&お話会というものでした。
映画上映&つづくたねトーク『 ヴァンダナ・シヴァのいのちの種を抱きしめて 』
科学者であり環境活動家であるヴァンダナ・シヴァさんというインドの女性について、私は全く知りませんでしたが観に行って良かった!
映画では、彼女からエネルギッシュな語り口で、感性にしみる凝縮された言葉をシャワーのように浴びせられました。ちょっとクラっするほど。こんな女性がいるとはインドさすがです。哲学がすごかった。
残念ながらメモってないのでかなりの内容が刻々と頭から抜け落ちつつありますが、「生きる」ということについてシンプルに語ってらしたのが印象的だったので忘れないうちに紹介します。

tane 「一見生きてないように見える“種”、でも適切な土と適度な湿気があれば芽を出し、成長し葉を茂らせ実をつける、それが生きるということです。」細部は違うかもしれませんが、大まかにいってそんな意味でした。「重要なのは潜在能力」ともおっしゃっていました。
つまりどんな種(人)でも潜在能力を持っていて、個々にあった環境に置かれればそれが全開になる、そしてそれが生きている状態ということでしょうか。うちのプランターの欅は、冬の間は葉がひとつもなくまるでお箸のようでしたが、春になると吹き出すように若葉が出て今は葉っぱがふさふさ全開です。なるほどー生きてます。そして人ならばそんな環境は自分で引き寄せたり作ったりしたいですよね。そういうと自分はどんな環境が適切なのかぐつぐつ考えたくもなりますが、そういう時は何も考えずに土の上に立ってみるのもいいと私は思います。

ヴァンダナ・シヴァさんの経営している農場では、お米だけでも630品種も栽培して種とりをしているそうです。
多様性は美・アートというようなこともおっしゃっていました。
そう聞いた後に上の色々米を見たのでなおさらきれいに見えました。上映後のお話会で、ピースシードの浜口さんも多様性の美しさについて一生懸命語ってくださいました。

いろいろ米

今朝さっそく炊いていただきましたよ♪ 香りが良かったです。

アースデイマーケット写真部、始動!

| 2014.05.08 |

2月から準備していたアースデイマーケット写真部、募集からミーティング、ロゴマーク作成、腕章作成を経まして今月のアースデイマーケットから本格的に活動できる準備が整いました!
写真部をつくろうと思った経緯については アースデイマーケット写真部つくります で書きました。

先月のマーケットも試運転かねて写真部のメンバーで撮影しました。
2014年04月27日(日)代々木公園けやき並木の様子 – 東京朝市 アースデイマーケット

これが写真部の腕章です
会場でこの腕章を見かけたらお気軽にお声掛け下さい。部員も常時募集しています。

edm-pc

代々木公園でのアースデイマーケットでの撮影を基本としながら、週末農風さんと現場へ訪れることも始まっています。
今後もなにか企画を立てたり、出店者さんの要望に応えるようなこともしていきたいです。

フェイスブックに写真部のグループあります。
アースデイマーケット写真部
(フェスブックのアカウントがあればどなたでも参加できます)

さて、アースデイマーケットは今月から徐々に夏の野菜が出回ってきて1年でいちばん色彩豊かなシーズンに入っていきます。
会場のケヤキ並木の緑も絶品です。

写真が趣味の方、東京は桜や藤の季節は終わりましたが、アースデイマーケットはこれからが一番フォトジェニックな季節です。
ぜひカメラ片手にふらっとお越しください。

IMG_0683

地球のことを考える日 アースデイ東京

| 2014.04.13 |

 

祝島ひじき

 

まだありがたいことに今年は仕事がとぎれてません。夢のようです。

加えて田中は勉強もしているので、家でのんびりしている姿を見ることは珍しくなりました(睡眠は充分なのでご心配なく!)。

その合間をぬって弾丸旅行に出たりしてきましたが、4月、週末農風の援農も活発になるシーズン到来。暖かくなった土も呼んでいます! 仕事のリフレッシュにも最高!ということで、先週はわたし、昨日今日は田中のほうだけが栃木の武藤農園に手伝いに行っています。

武藤さんの新曲も聴けているのかな? うらやましい。 これから、田植え、お茶刈り、草取りと続くので、毎月どれかには参加したいと思っています。2人一緒は難しいかもしれませんが。

 

さて、来週末19-20日は「アースデイ東京2014」。 田中はすでにWEBサイトの制作でも関わってきました。なかなかたいへんそうでした ^ ^;

週末農風は今年も出店し、去年に続き祝島ひじきを販売しますよ。去年は天候が最悪の中、ひじきは売れに売れ、売っている私たちが一番びっくりしました。祝島のことを知っているお客さんも多かったです。去年はお客さんから祝島について教わったりしていましたが、今年はなんせ行って来たので何を聞かれても大丈夫(?)。

出店場所は去年までと変わりメインステージに近くなるようです。お天気が良くなれば、去年悪かった分まで盛り上がると思うのでどうぞお楽しみに〜〜

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の記事
カテゴリー