日々ろぐ

夏山のぽよくまさんち

| 2014.08.11 |

 

夏山ぽよくまさん_2夏山ぽよくまさん_1

夏山ぽよくまさん_16夏山ぽよくまさん_26
伊豆熱川山中にある“ぽよさん&くまさん”ご夫婦のお宅に伺ったのは今回で二度目です。
前回は真冬でした。(その時の様子はこちらから→畑探訪 – 山のぽよくまさん

また行きたいなぁと思いながら2年半がたち、今回は田中は都合がつかずわたしだけ週末農風のメンバーと一緒の再訪。18切符で夏休み気分で行ってきました♪

前回はぽよくまさんたちが伊豆に移住されてきてまだ半年、はじめての冬に挑んでいる最中でした。その時作りかけだったロケットストーブが今やもう使い込まれボロボロに崩壊! 歳月の長さを感じました。

この間お2人は、自給自足の暮らしをしながら人の集まれる場づくりをしたいという夢に向って、苦労しながらも着々と歩まれていた模様です。

着くとさっそく電気・ガス・水道なしの暮らしを案内してくれました。天ぷら油で走る車、太陽光発電機、オイルランプ、保温調理ボックス。そしてコンポストトイレ。
トイレは屋内と屋外両方に設けてあり、屋外は野天に穴のワイルドトイレ。
それにひきかえ屋内のコンポストトイレは、水を使わずとも微生物の働きで匂いも出さずに処理できるバイオ技術を駆使した優れもので、処理剤にはオガクズより細かい木挽き糠を使っているそうです。

 

さて問題です。この写真は何をしているでしょう。夏山ぽよくまさん_15

まるで草取りをしているようですが、正解は小豆の種まき。畑は程よく雑草を残してあります。雑草が小豆の苗を乾燥から守ってくれるそうです。自然との共存共栄。蒔いた上には草をいっぱいかけて草マルチ。最後にパンパンと柏手を打ってきれいな気を送ります。そうすると良く育つような気がするそうです。わたしたちも手を打って育ってくれるようにとお願いをしました。不思議とすっきりした気分になります。夏山ぽよくまさん_12

 

夏山ぽよくまさん_20

こちらはミツバチの巣箱。見晴らしのいいあちこちに設置してありました。自然に蜂が入ってくれるのを待っているそうですが、今年はまだ空き家でした。蜂さん早くきてね〜。

夏山ぽよくまさん_21

ワイルドトイレ。葉っぱでふきます。斜面に沿って開かれた段ごとに、畑やバーベキュー場、そしてトイレなどいろいろなスペースがあるのが面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

お昼は外にかまどを用意してくれて、豆ご飯とカレーのアウトドアランチ。

夏山ぽよくまさん_7 夏山ぽよくまさん_11

夏山ぽよくまさん_5夏山ぽよくまさん_3

夏山ぽよくまさん_8夏山ぽよくまさん_6

サラダは調味料からほとんどくまさんの手づくり! 美味しかった♪

夏山ぽよくまさん_25 ぽよくまさんたちは、種を蒔いたり野草を摘んだりストーブを作ったり、必要なものは自分の手で試行錯誤する生活をここで続けてきて3年。「最近ようやく、頭ではなく身体で自然と一体な感じがわかってきた」と話してくれました。

電気ガス水道などのライフラインがなくても、大地としっかりつながり、食べていける生活は、ある意味とても自由で豊かなんだと思います。くまさん、2年半前よりもさらに輝いてました!!

お2人ともやっていることはすごいんだけど、こつこつと等身大のやり方をされているところに親近感が湧きます。

ぽよくまさんたちはfacebookページで情報発信もしていますので、ご興味のある方はそちらをどうぞ〜

https://www.facebook.com/otentoyama

 

 

 

やぎ活

| 2014.08.10 |

6月、7月と2回、

やぎ活をしてきました。

大月の岩殿山の山麓、「修験deパン」さん宅にて。

ヤギ活_5ヤギ活_8ヤギ活_10ヤギ活_4ヤギ活_2ヤギ活_7ヤギ活_9

 

手先の器用さではたいてい田中にかなわないのが常なのですが、この日の乳搾りでは珍しくわたしに軍配が上がりました。

やぎのおっぱいのサイズには、女性や子どもの手の方が向いているそうなんです♪

めすやぎはとっても人懐っこくおとなしくラブリーで、すっかり心を掴まれてしまいました。特にこやぎのかわいさといったら! ちなみにおすヤギは時に暴君らしいです。

 

そもそもはヤギに会いにいったというか、自ら育てた麦でおいしいパンを焼いているパン屋さんに会いにいったのですが、気づいたらヤギに夢中になっていました。もちろんごちそうになった焼きたてのパンもとまらない美味しさでしたが。

ヤギ活_11ヤギ活_1ヤギ活_6

 

修験deパンさんご自身も、そもそもは草取りのためにやぎを飼い始めたそうなのですが、気づいたらやぎの餌集めや乳搾り、豊富に出るミルクの加工と、すっかりやぎ中心の暮らしに変化されたそうです。はたから見るとやぎに生活を捧げているのでは、、と思ってしまうくらい。

15頭もいるやぎたち一頭一頭にかわいいお名前をつけられていて、家族のようなかわいがりよう。写真のポーズをきめてくれているやぎはモモちゃんとレモンちゃんです。

このやぎ達のミルクが使われているパンは今のところ一種類のみ。その名も“山羊さんのミルクパン”。「モンゴル草原の味がする」とも言われているそうです。たしかに少し独特の風味があるような。。ただ焼きたてだと風味よりもミルキーさのほうが感じられました。


ヤギ活_10おみやげに貴重なスペルト小麦の穂ももらいました。「蒔いて育ててください」とのお言葉つきで。

さてマンションぐらしでどうする??
姉がひきとって蒔いてみたいと言ってくれました。ぶじにバトンタッチできそうで良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

春の畑に行ってきました。

| 2014.04.11 |

 

4月5日、久々に畑に行ってきました。春まっさかりでした。

水菜紅菜苔

ヤグルマギクケール

畑の風

茨城のポコアポコ農園さんで草取りのお手伝い。いつものように週末農風のイベントです。

今回の手伝いはたった1時間ほどヨモギ摘みをしただけ…。滞在は5時間ほどでしたが後は食べてばかりだった気がする。いつもながらよかったのかしらこれで^_^;

和知さんに花ざかりの畑を案内してもらい、それからビニールハウスのかげで持ち寄りランチを広げ、春の畑の空気を深々と吸いながら則子さん(奥様)の焼いたパンもごちそうになり、帰りは則子さんの絶品ヨモギスコーンとカラフル干し野菜をお土産にいただき楽しい遠足(?)でした。

畑では、一見同じにように見える菜の花を、これは小松菜、これは白菜、などなど和知さんに種明かししてもらいつつ、葉っぱをちぎってはパクリ、「おいしー、これは甘い! こっちは辛みがある!」。味にはそれぞれ違いがあり、試すのがおもしろくてつい手がのびました。「道草を食う」の草ってきっと菜花のことだなーなんて確信。

 

去年修理してから使わないままだったカメラ。今回は田中が同行しなかったので、久々にひっぱり出してみました。

にんじん育苗ほうれん草2

 

小松菜とほうれん草の見分け方、ご存知ですか?

よく根っこの色を見ましょうと聞くのですが、今回決定的な違いを教わりましたー!

 

お花がぜんぜん違いまーす!

コマツナほうれん草3

ヒント:小松菜はアブラナ科、ほうれん草はアカザ科。

 

 

アブラナ科は小松菜も水菜もターサイも白菜も花は一見同じように見える、いわゆる菜の花です。一方ほうれん草はの花はぜんぜん違う形状!つぶつぶしています。雌雄があるそうで、写真の株は雄だそうです。これにもへえーー。

 

和知さんが育てているのは、今ではあまり見られなくなった日本ほうれん草。福島で育てていた方から震災後に貴重な種を託されたものです。無事にとても元気な花を咲かせ、次の世代につながる準備をしていました。

 

こんなに花がいっぱいの畑ははじめて。すっかりリフレッシュしてきました。

ポコ・ア・ポコ農園さんありがとうございました〜〜!

アースデイマーケット写真部つくります

| 2014.02.12 |

みなさんこんにちは、田中の方です
ブログは本当にご無沙汰になってしまいましたね

さて、今回はちょっと新しいことを始めてみようと思いました。

私は2006年から東京朝市 アースデイマーケットの写真を撮り続けているのですが、私だけが撮っているのはもったいない!
ということでアースデイマーケットの写真をとっていただけるボランティアスタッフを広く募集したいと思います。

私とアースデイマーケットの関わりについては以下を御覧ください。
東京朝市 アースデイマーケット « イベント運営 « ポートフォリオ

なぜ募集しようと思ったの?

理由は大きく分けて2つあります。
まず1番は、アースデイマーケットは本当に良い場です。生命力にあふれた場です。この場所を撮ることは純粋に楽しいです。この楽しさをもっと多くの人たちと分かち合いたい。

もう一つの理由は、マーケットの運営は慢性的に人手不足です。実は私自身も終日、撮影だけが仕事というわけではなく他にやらなければならないことがありまして、集中して写真を撮る時間が少なくなってきました。そこで、私は撮影から一歩引いて、みなさんに力を貸していただこうと思いました。

参加するとどんないいことがあるの?

まず、とにかくマーケットの撮影は楽しいです。毎回美しい野菜が目白押し、信念をもった出店者さんがたくさん、来場者も老若男女、日本人じゃない方も大勢、そして会場になっている代々木公園のケヤキ並木も季節に応じて豊かに変化します(私は特に6月ぐらいの新緑が好きですね)。
撮るものが多すぎて困るんです

そして、楽しく撮っているとどうしても写真がうまくなってしまいます。これは間違いないです。
私自身、全くの素人でマーケットの撮影を始めましたが、今はカメラマンも名乗っていまして、仕事も来るようになってしまいました。

仲間ができます。これも間違いないです。学生時代の友人、仕事関係の友人、それとはまた違った世界の友だちができます
私は学生時代、父から「社会に出たら本当の友達はできなくなるから今のうちに作るように!」と言われましたが、そんなことありませんでしたー!
私の場合は友達のみならず生涯のパートナーも得ました。

写真を発表する場があります
2014年01月26日(日)代々木公園けやき並木の様子 – 東京朝市 アースデイマーケット
毎月の様子はマーケットのサイト上で公開します。

ただこうして写真を公開するという以外の方法も試みることができます。以前にはこんなこともやりました。
東京朝市アースデイマーケット・パノラマ « ウェブサイト « ポートフォリオ
大学の卒業制作の題材にもなる場じゃないかと思いますよ!
アイデア出していただければぜひ協力したいです。

ギャラは出るの?

でません!交通費も出せません!だけどマーケットで買い物に使えるアースデイマネーを差し上げます。

一眼レフとか持ってないけど?

スマートフォンのカメラでもOK。こういうカメラでないと取れない絵もありますし、実はアースデイマーケットのフェイスブックページへの実況中継もやりたいと思っていまして、スマートフォンの方が都合が良いです。

権利とか利用許諾とか

写真の著作権は放棄して頂く必要はありません。どこまで利用させていただくか?という話は個別に応じたいと思います。

説明会やりたいです!

マーケット当日はどうしてもバタバタするのであらかじめ時間を作って、説明会を開きたいです。よろしくお願いします。

ぜひ、ご参加お願いします!

問い合わせは以下のフォーム(電話番号も書いてあります)
Contact us « TRiM
TRiM.のフェイスブックページ
TRiM.
田中個人への連絡でもかまいません
田中 利昌

フェイスブックにグループ作ってみた

こちらにもぜひ参加!
アースデイマーケット写真部

1月のアースデイマーケットは

| 2014.01.19 |

マーケット冬

 

明日は大寒だそうです。そんな1年で一番寒い時節のアースデイマーケット。次回はもう来週です。

去年はたしかぽかぽか陽気、おひさまの下でカップ売りの日本酒をいただきました。

今年も飲むぞ〜。でも寒かったら甘酒にします。熱燗もありましたけど外だとさすがにすぐ冷めちゃうので。

 

燗酒あり

干し柿根菜糸玉

 

 

週末農風の料理ワークショップはチョコレートづくりです。スタートはなんとカカオ豆の焙煎です。

マーケット自体も「愛チョコレート・マーケット」を開催するのだそうです。

農風ブースからはカカオの香りをマーケット中にまきちらしたいですね!

デザイナー仲間が2人、料理ワークショップに参加してくれるので会えるのがとても楽しみ。

きっと昼間から一杯つきあってくれることでしょう☆ ((o(´∀`)o))ワクワク

10/20 土と平和の祭典@日比谷公園

| 2013.10.14 |

 

アイガモ米はかり売り

 

 

毎年いろいろな形でふたりとも参加している農と音楽のイベント、“土と平和の祭典2013”が今年ももうすぐです。

今年も週末農風は出店します。はかり売り
去年に引き続き、アイガモ米を量り売りしますよー。
1合から買える設定ですけど、さすがに2合から買う方が多かったですね。1合111円とお手頃価格です。

 

 

 

そしてそして今年はなんと『OrganicAsia』も売らせてもらっちゃいます。
このイベントの来客層の傾向にばっちりあう本です。ぜひ届けたい! とはいってもお米や野菜を売るエリアに唐突に置かれることになるので、ひっそり遠慮がちに売ってきます^^;
ほしい方はぜひぜひご連絡ください。

思いおこせば私が最初にこのイベントに参加したのはもう5年前かな? スタッフのまかないボランティアとしておにぎりを握ったりしました。
そこで運営サイドの手伝いや会場カメラマンをしていた田中と出会ったわけです。

そこから毎年、なんらかの形でこの素敵なイベントに参加させてもらえてありがたいことです。本屋さんのお手伝いや、農風の出店のかたわらビール売りをしたり、去年はお米も扱ったり、、楽しいんだけどいつもけっこう忙しい。

欲を言えば、ライブステージ前の芝生にレジャーシートをひいて、ビールを飲みながらライブを聴いてまったり過ごしてみたい。
ステージといえば今年は畠山美由紀さんも登場するそう! ちょっとでも生で聴けるといいなぁ。

農風の頼れるすけっとも増えてきたので期待するとしましょう〜

ポコ・ア・ポコ農園さん撮影してきました

| 2013.07.05 |

みなさま
田中です
カメラマン強化週間第一弾!
ポコ・ア・ポコ農園さん行って参りました
久しぶりに一生懸命撮りました
ちょっとだけ紹介します

詳しいレポートは週末農風のイトウトモさんがあげてくれていますのでそちらをどうぞ
写真もたくさん上がっています
6/30 ポコアポコ農園さんの小麦刈り « 週末農風 – 週末だけ農作業でお手伝い

今回の集合写真はかなり気に入ってます
満点ではないですがいい線じゃないでしょうか
みんないい顔してます
曇っていましたがピーカンより農作業も撮影もしやすくて助かりました

集合写真

ポコ・ア・ポコ農園さんで用意してくださったお昼ご飯のサラダ
おいしい&うつくしい

サラダ

今回一番衝撃を受けたのがビニールハウスです
たいていの農家さん、ハウスの中は整然としているしているのですがこちらは鬱蒼としています

ハウスの中

最後に考藤の勇姿をお見せしましょう
今回私はカメラに徹していたので農作業はほとんどしませんでしたが彼女が私のぶんまでがんばってくれていました

考藤麦刈り

今週末はうってかわって都内の朝市と八百屋さんへ取材に行ってきます!

カメラマン強化週間突入!

| 2013.06.27 |

みなさん
こんにちは
田中の方です

ここのところアースデイマーケットをのぞいてカメラマンとして出動する機会がなかったのですが、
雑誌OrganicAsiaさんのカメラマンを務めることになりました。
アートディレクションは考藤がやるし、TRiM.が全面協力の雑誌になってしまいます。
いまから完成が楽しみだ!

あさってのポコ・ア・ポコ農園さんを皮切りに来月中旬まで関東近郊のマーケットや八百屋の取材にいってきます。

アースデイマーケットの運営をしているにもかかわらず他のマーケットに顔を出すことって実はあまりないのです。
たまにはほかも見に行かないとと思っていたところでした。
この機会で他のマーケットから刺激を受けてきたいと思います。

そこで、新兵器投入です!
以前から脚立は持っていましたが、ちょっと大きくてもうすこし小さいものが欲しかったのです。
足の部分にアースデイマーケット週末農風、そしてTRiM.とトリプルネームです。
写真撮り忘れましたが、裏には電話番号入れてあります。

新しい脚立

 

脚立はちょっと目線を変えたところから撮影したり、疲れた時座ったり笑、なかなか侮れません。
古い写真ですが2008年のアースデイマーケットの様子。
この見通し感は脚立がないと撮れないです。

IMG_1427

楽しく取材してきたいと思います。
取材の様子もまた書きます。
天気だけちょっと心配。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の記事
カテゴリー