日々ろぐ

手前味噌を味見しました。

| 2012.12.15 |

 

 

先週、手前味噌を開封。

すっかりいいお味噌になっていました♪

今年は3月頭に自宅で、その2週間後に逗子の友人宅と2回しこみました。

ジップロックを開けると味噌のいい香り。

豆と麹は「雑Tha’s」から取り寄せ、どちらも全く同じ配合でしこみ、同じ時に冷蔵庫に保管しました。

にもかかわらず後から作った逗子味噌のほうが色が濃い! ちょっと濃すぎ。

 

jitakumiso

zushimiso

 

 

 

 

 

 

写真右が逗子味噌です。
自宅味噌のほうが理想の色に近いな。

これは逗子味噌を自宅味噌の上に重ねて置いて、その上に重しをしたので、
重しが軽い逗子味噌のほうが急速に発酵してしまったからだと思われます。
重しってだいじだね。

重しは発酵むらを防ぐと言われてますが、過発酵も防いでくれたみたい。

濃すぎにみえた逗子味噌ですが、中身はそうでもなくおいしそうな色をしてました。風味もよいです。

自宅味噌のほうは、色もいいうえに大豆もしっかり潰れててなめらか。上出来みたい〜。

ただどちらも塩気がちょっときつかったので、常温でしばらく置いてみることにしました。

さてどう味が変わるか♪

 

今回は2つのお味噌を比較できておもしろかった。同じ材料とつくりかたでも、みごとに違いが出ました。

何度も挑戦すると発見があって楽しいですね。

年明けは、このお味噌とほっこりあたたかく過ごそうと思います。

作り方はこちら

かいもち

| 2012.09.02 |

 

おいしいものもいろいろ食べました。これこそ旅の幸せ!

山形の蕎麦といえば、食べ応えがしっかりあって量もあっていうことなし、大好きです。

山形に行くと必ず食べますが、今回は2日続けて食べました。実は行く前の日の夕飯も蕎麦だったので3連ちゃん。

でも全くあきないのです。

特に初日の夜に行った蕎麦屋「重三」は、土地の人が口をそろえてすすめるだけあって、歯ごたえがよく味があって最高でした!

この辺りでは、そばがきのことを「かいもち」というそうです。知りませんでした。胡桃だれと、納豆おろしのたれでいただきました。ふんわりしてておいし〜。日本酒もすすみます。

二日目に行ったさばね山そばもおいしかった。オープンしたばかりだそうですが、趣があって居心地のいいお店でした。

まちでは蕎麦畑があちこちに見られました。山形では蕎麦が田んぼの転作推奨作物に指定されているそうです。

とれた蕎麦を使い、家庭で自慢の腕をふるう方が何人もいらっしゃるそう。

ずっとずっとおいしいお蕎麦をつくり続けてほしいな〜。

 

kaimoti

 

翌日はまち外れの「わらび園」に案内していただきました。

シーズンではないのでただの山に見えましたが、なんと、この山がまるまるわらびで埋まるんだそうな。

warabien

写真はほんの一部です。

わらびとり放題。シーズンには観光バスが来て盛り上がるそうです。

とるのは楽しそうだけど、食べ慣れてないわたしは山盛り食べたらおなかにきそうだな……。

shuuraku

なんて考えながら、かなりの急坂を降りて車に戻りました。筋肉痛を覚悟しつつ。

スイカ

| 2012.09.02 |

water melon

清水できんきんに冷やしたスイカは

water melon

軽トラの荷台で豪快に切られ、子供達のおなかにおさまりました。

おいしかった〜〜。

 

山形は、北国と言えど夏は暑い! ほんとに暑い。盆地だからだそうです。

トレッキングを終えるころには、お湯の中を歩いてるようにうだっていました。

帰りに途中の清水で冷やしていたスイカをピックアップ。

鉈とサバイバルナイフでワイルドにざくざくと切られるスイカたち。

なるべく小さく見えた端っこを手に取ったのですが、じゅうぶんデカい。

子供が大興奮でかぶりついてました。かぶりつくというより顔をつっこむ形になる子もいて、見てて清々しかった。

 

「いつも鉈なんですか?」と聞くと、「いや初めて」。

包丁を忘れて来ただけみたいでした。

かえって良かったな〜

代々木公園で食の器市

| 2012.08.15 |

世間はお盆休みらしいですが、わたしは全く関係ないどころかふだんよりも真面目に仕事しています。

その合間にマーケットのサイトにはるバナーも作りました。

 

utsuwaichi_2012

 

次回9月23日のアースデイマーケットには、なんと作家さんたちが自ら代々木公園にのりこんできてくれるそうなんです。

これは楽しみ〜。

週末農風としても当日は作家さんの器でお茶ができるお休み処を設ける予定。いよいよ私も茶娘やるかもです。

 

器といえば、結婚祝いであちこちからすてきな器をいただきました。

「いただきものの器が趣味に合わない」なんて話を昔はよく聞きましたが、わたしの友人たちがくれるものは趣味がいいものばかりで、みんなどこでそんなセンスを身につけてくるのか感心しっぱなし。

なかでもびっくりしたのがこの夫婦茶碗。

ややぼってりとした優しい外見。とまぁ、わりとふつー。

meoto chawan

中を見てびっくり。

それぞれの名前の一文字が描いてある!! 左)利 右)正

meoto chawan2

お気に入りの作家さんに頼んでわざわざ作ってもらったそうです。

とっても記念になりました。
またこのお茶碗の厚みと手ざわりがとてもいいんです。
このお茶碗で、これまたお祝いにいただいた杉のおひつからよそったご飯を食べるとほんとにごちそうです。
(ちなみにおひつは私から別の友人たちにリクエストしたもの。よぶんな湿気をすってごはんをおいしくしてくれます。)

くださったのはめちゃめちゃ行動派なご夫婦です。作家さんに特注なんて、オトナでかっこいいプレゼントのしかただなぁと、そのスタイルにもあこがれてしまいました。

といっても自分からいろんな窯元に行くのは出不精の私にはちょっとめんどい。

 食の器市では20人以上の作家さんがいらしてくれるそうなので、できるだけそこで勉強してこようと思いま〜す。

アイガモ米トラスト ほ穂の会

| 2012.05.23 |

アースデイマーケット発の、日本酒づくりが始まっています。

マーケットに出店している農家さんと、酒屋さんの豪華コラボです。

そしてそのフライヤーが本日完成しました♪ (ご自由にダウンロードしてください)

 

aigamohoho_omote

aigamohoho_ura

真ん中のかわいいカモのイラストは、わたしと友人のぐりぐりさんのコラボです。

裏面の左下にいるのはひそかにポーズ違い。

今週末のアースデイマーケットで配布します。間に合ってよかった。

魚屋という変わった屋号の酒屋さんと、米農家のみやもと山さんのお米で日本酒を造る、それ自体は去年から始まっているのですが、今年はそれに週末農風もまきこまれ、私も今月田植えに行って来ました。

その時に魚屋さんが「ほ穂」を持参してくださり、私もしっかり飲ませていただいてきました。

「ほ穂」、予想以上においしかったです。香りのよさに一同びっくり。酵母はなんとベゴニアからつくったそうです。

米の強さにあわせて、強い酵母を選んだとおっしゃっていました。

今年のお米でつくる「ほ穂」は、さてどんな味になるのでしょうか?

6月9日には「ほ穂の会」の草取りが開催されます。

最近おいしい日本酒を飲ませていただく機会が多かったので、

ビール&焼酎派だったわたしも、日本酒にめざめてしまいました。

ただいま家には日本酒が2本。

寺田本家の「醍醐のしずく」と、仁井田本家の「穏」

とっても美味しい。自然酒はする〜と身体に入るかんじがします。

ちびちびとだいじに飲んでいます。

飾り巻き寿司

| 2012.05.15 |

 

たま〜にですが、

本を見ながら太巻きや飾り巻き寿司に挑戦してます。

今日は2種類つくりました。

 

バラの花は見た目がはなやかなわりに巻くのはとても簡単。

手がかかるのは卵焼きを焼くとこだけです。

母の日のごちそうにもぴったりですよ〜。

makizushi rose

 

もうひとつは初挑戦の桃の花。

makizushi_peach

 

やってみるとこちらのほうが簡単でした。

細巻きを5つ作り、チー◯マを芯にして巻き込むのが一見難しそうですが、形がそろっているので崩れることもなくらくに作れました。

オレンジの部分はすりおろしたニンジン。

本だと「花おすしの素」を混ぜることになっているのですが、私はなるべくシンプルな材料を使うことにしてます。

ニンジンの甘みもお寿司とけっこうあいますよ〜。

といっても芯のチー◯マは代用品が思いつかず買ってきました。

チー◯マ、久々に食しましたが…、こんな味だったっけというくらい舌に合わず…。

練り物系はちくわもハンペンも好きなのですけど、これはなんか食品とは思えない。

こんど姪っ子に作ってあげたいのですけど、子どもに食べさせたくない味。

う〜ん、この固さが芯としてとても巻きやすいだけに悩みどころですが、次は魚肉ソーセージで試してみることにします。

ほんとは黄色系がいいけど、ピンクもお花らしくていいよね♪

他の代用品を思いつく方がいたら教えていただきたいです。

 

巻き寿司の決め手はなんといってもごはんの炊き加減だということが、最近よーくわかりました。

ふだんは適当な水加減なのですが、今日はしんちょうに見極め。(といっても目計量)

そのかいあって巻きやすかった。

飾り巻き寿司はまだ2種類しか作れません。

それなりに時間がかかるので、挑戦するのにも気合がいるのです。

でも包丁を入れて、キレイにできた断面を見た時の喜びは格別。

自分を励まして、もっとレパートリーを増やしていこうと思います。

 

 

豊穣庵、と〜じ舎、みやもと山

| 2012.05.04 |

 

新緑の季節、田植えの季節ですね。

4月末から昨日までの行ったりきたりのお出かけ3箇所を、強引に写真でまとめてみます!

栃木県那須の農家「豊穣庵」さん。週末農風の企画。一泊二日。晴れ

千葉県香取郡「と〜じ舎」。田中ともども仕事でお世話になっている神澤さんの古民家。日帰り。曇り

千葉県匝瑳市の農家「みやもと山」さん。週末農風の企画。日帰り。雨のち小雨

 

「豊穣庵」

hojo_farmYoga

週末農風の ともさんを講師に、畑でヨガ。キラキラ光る緑と空気とお日さまの下、気持よ〜く身体をのばしてきました。
足の間から逆さにみた木立がきれいだった〜。

と、この日のこれは良かったのですが、翌朝のお堂ヨガは底冷えのする寒さで、途中から修行みたいになってしまった…。

 

hojo_Cresson

セシウムが心配なよもぎの代わりにクレソンをお餅に混ぜることにしました。

田んぼのあぜに密生しているクレソン。ふだん食べるクレソンの10年ぶんぐらいの量は軽くとれます。

お餅に入れてみた感想は、残念がら風味がうすい。はやくよもぎが食べられる日が来てほしい。

おみやげにもらって帰ったクレソンは、サンドイッチにたっぷり入れました。おいしかった♪

hojo_cottage-cheese

牛乳豆腐も作らせてもらいました。農園のお父さんのお友達である酪農家さんからいただいたおいしい牛乳。採れたてわさびとおしょうゆをつけて激ウマ!

hojo_ochibi

hojo_ochibi_2

豊穣庵の新しいアイドル。この子が生まれてわんこが4匹になりました。わんこか〜わ〜いい〜、大好き♪

「と〜じ舎」

tozisha_in

お酒コーナーがあって、まるでBarみたい。発酵の里こうざきだけあって、寺田本家の原酒もいただいちゃいました。

 

tozisha_hatake

 

神澤さんは不耕起で畑をやっています。この日は田中もお手伝い。わたしはスカートだったのでほとんど見ていました。

 

tozisha_bamboo-Deck_1

筍の山に突如あらわれたバンブーデッキ。のべ100人10日ほどで作ったものだそうです。

tozisha_bamboo-Deck_2

なかなかの見晴らしでした。このデッキで筍を焼いて食べながらお酒を飲みたい! ざんねんがら筍はただ今セシウム測定中のため、ゴーサインは出ず。

tozisha_mushiyasai

夜は神澤さんがダッチオーブンで蒸し野菜を作ってくれました。皮の中がとろっと煮えてて味が凝縮!  左上の耐熱容器の中はなんとキゥイとレーズン。これと特性カレーを食べながら、おいしい日本酒で宴会。ついつい長居してしまった。

 

tozisha_cat

ねこのラビちゃん。とってもなついてました。

 

 

「みやもと山」

miya_tofu

雨が強かったので田植えは午後にまわし、まず味噌蔵のそうじを手伝いました。お昼にふみちゃん手づくりのお豆腐。

あまくて最高においしい〜。料理上手なふみちゃんのごはんを他にもいただいたのですけど、食べるのに一生懸命で写真は撮り忘れ。

miya_tanbo

 

田んぼの土は、きめの細かい粘土質で気持ちいいっ。苗をきれいに列に植えるのはむずかしい。かなりガタガタになってしまった。

この田んぼで作ったお米でお酒を作るプロジェクトが始まりました。
現在会員も募集中です。 アイガモにもお手伝いしてもらいます。

miya_mizo

のぞき込んでいるのはトウキョウサンショウウオの棲息している溝。絶滅危惧種です。小さいナマコみたいな姿でした〜。

 

 

ふみちゃんの筍ごはんは撮り忘れたので、ふみちゃんが下茹でしてくれた筍で私がつくった筍ごはんです。おいしくできました。

 

写真はぜんぶ私のコンデジです。

と〜じ舎だけは田中と二人で行きましたがほかは私だけで行きました。

一眼レフには負けますが、防水ばっちりのコンデジなので、雨+農作業には最適なのです。

このブログを継続して見ている、な〜んて貴重なお方がもしいらしたらお気づきかと思いますが、
カメラマンをやっている田中よりも私のほうが日々写真をたくさん撮っている!

わたしも一眼の使い方を覚えようかな〜。

自然の恵みを満喫、おいしいものいっぱいお出かけでしたが、放射能の存在と隣り合わせでもありました。

たけのこ、よもぎ、山菜といった春のめぐみは、畑の作物にくらべてセシウムを吸いやすいのです。

自然の恵みを何も気にしないで受け止められていた頃とはすっかりと変わってしまいました。

明日は原発稼働が一時的にゼロとなる日。

そのまま本当にゼロになってほしいです。

 

これ! もつくっています

| 2012.04.04 |

考藤はいよいよ手広くなってきています。
先日のアースデイマーケットと同時開催された自然派ワインマルシェのお店の看板と注意書き看板も手がけました。

こうして写真にとっておくとは私は偉いですね。(マルシェの様子はぜんぜん撮ってない笑)
こういうことの積み重ねが家庭の平和を築くと信じて・・・

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の記事
カテゴリー