日々ろぐ

みそじこみ2013

| 2013.04.16 |

 

大豆

みそだま

今年も育ててます。ふっくらふっくら大豆ちゃんで手前みそ♪

 

昨年と同じく自宅と逗子と2回、計4kgほどしこみました。

自宅では麦味噌に初挑戦。大豆とこうじとの割合がわからずいろいろ調べました。

本場だと大豆1:麦こうじ2が多いようですが、本場ほどの甘口でなくていいので、1:1.5にしてみました。さてどうなるか?

みそ0416

 

 

写真左が麦こうじ、右が米こうじ。本日の様子です。

米のほうは袋自体がうっすら青いので比較しにくいのですが、麦のほうがだいぶ茶色くなっている!

10日ほど早くしこんだためなのか、こうじの違いなのかまだわかりません。

しこんだ時の色の違いはそんなにありませんでした。

 

今回は豆をつぶす新兵器が登場です!

IMG_1129

 

たまたま家にあった竹筒。の、半分に割れたもの。しっかりつぶせて速い速い。このカーブがいいみたい。

新兵器でプッシュ

 
ジップロック派にはおすすめです。裏に竹やぶがあるという方はぜひ試してください。 
 
友達と集まってわいわいつくるのは単純に楽しいです。
去年は一品持ち寄りにしたら、、巻物、おいなりさん、大福などみごとにみな炭水化物系のものばかり。今年は炭水化物はやめようねというしばりをいれたら……。 
なぜか私を含め多数が
 

卵派

 
卵料理で攻めてきました!! 気が合うなあ。。
来年は申告制にするべきか、あえてしないべきか。お料理はどれもおいしくいただきました♪ 
 

祝7周年、東京朝市アースデイマーケット

| 2013.03.26 |

東京朝市アースデイマーケット、来月4月の開催で8年目に入ります!
すごいですね!よくこれだけ続いたもんです!

今回は7周年を記念して第一回目の様子をちょっとお見せします。

第一回目は2006年4月29日、場所はいまのケヤキ並木の脇の広場(渋谷プラザ)で行なわれました。

2006年4月

当時はまだ竹テントはなく、規模も今よりもさらに小さかったですが、みやもと山、磯村家のキッチン、市民の大豆食品勉強会+食のトラストネットワーク、リーフレンド、トージバ(敬称略)など今も常連の方々も出店なさっています。
みやもと山の餅つきはこの時から恒例です(最近はやっていませんが)。

2006年4月

一方で実行委員は当時、2人を除いて独身でしたが今では全員既婚者で(一人は再婚)時の流れを感じます。特に私と事務局長の冨山はこのマーケットがなかったら今の伴侶とは出会ってなかったでしょう。

2006年4月

手前が今のケヤキ並木です。こういうこじんまりした会場でやりました。

次にお見せするのが2007年夏の様子。竹テントはこの年の4月から登場しました。

2007年夏

テントが本当に綺麗です。当時もとても暑かったはずですが涼しげに見えるしとっても良いマーケットに見えますね笑。

2007年夏

これも同時期の様子です。このアングルは珍しい。車の屋根の上に登って撮りました。けやきのグリーンと竹の対比が良いですね。

そんなわけで来月14日、8年目に突入する東京朝市アースデイマーケット、ぜひご来場ください。

おいしい農風やってます

| 2013.03.17 |

 

oisii nofu2013

 

先月、週末農風のサイトに新しいページを追加しました。

農風が出会ったおいしいものをレシピつきで紹介するページ、「おいしい農風」です。

http://xn--7pv151g3kav3z.jp/oishii

 

農風であちこちの農家さんに行ったり、アースデーマーケットに出店していると、それはもう“おいしいもの”にたっくさん行き当たります。

今まで参加者で独占してきたそういうものを少しでも紹介したいな〜、しないともったいない! と、

志は高く、ただ今わたしとトモさんの2人で少しづつ公開しています。

 

ふだん材料を計りながら料理なんてしてないので、わたしのレシピはかなり適当、たぶんこれからも適当。

“適量”という表現が頻出してくると思われますが、どうぞ優しい目で見てください。

近い将来、もっと強力な助っ人をよんで充実させる計画もありますのでお楽しみに♪

 

酒粕クラッカー、米粉ホットケーキ、ひじきのナムル。

今までのラインナップもそうですが、これからもちょっと珍しい材料や乾物を使ったものがちょいちょい出てくると思います。

お野菜レシピも増える予定。

そう、一般的においしいと言われる肉や魚は後回しな変わったレシピ集になる気配まんまん。

農家さんとマーケットの材料がメインですから自然とそうなります。

 

残念な思いをする方もいるかもしれません。

でもその代わり、ゆるベジさんやダイエッター、小さいお子さんには喜んでもらえる、お役立ちレシピが満載になると思いますので、どうぞよろしく〜。

 

 

 

種と食のおいしい祭、終わりました。

| 2013.02.22 |

 

種と食の祭_start

 

たねと食のおいしい祭」の第一部は驚きの盛り上がりでした。
続々と人が集まり、いったい皆さんどこから来るの〜?
と聞きたくなるほど。

私は朝の展示スペースのセッティングから始まり、イベント中はおもに外で総合案内を担当。
次から次へと集まる人達におぉ〜となりながらも、合間にしっかりごはん休憩。スパイスたっぷりのスリランカプレートで身体を温めました。美味しかった!

キッチンスタジオ ペイズリーのスリランカプレート

お客さんの出入りを見守り、バタバタと過ごしているうちに終了の16時はあっという間〜。
そういうわけで中の様子はあまり知らないのですが、充実したイベントになったと言えるのではないかしら。
 
来客数の見込みは難しいですね。飲食ブースは予想よりずいぶん速く売り切れてしまい、嬉しい悲鳴??
遅めに来たお客さんは残念でした。
 
イラストを描いてくれたまやさんとは、
こんなに人が集まるなんて、きっと私たちの作ったチラシが良かったんだよねー、と自画自賛してましたが、真相が気になるので思いきって来場者のひとりに質問(もちろん優しそうな人をねらって)。
 
「今日いらしたきっかけは何だったんですか?」
そうしたらたまたま、本当にたまたまだとは思いますが、
 
「前々から週末農風に興味があって」
 
ななんと、“地味に真面目にコツコツ派”  週末農風の意外な認知度。
こういう、それぞれの小さなつながりが、予想以上の集客力だったのでしょうか。
そのお客さんとは互いに大興奮してしまいました。

ボランティアも週末農風のつながりからたくさん集まってくれて本当に助かりました。
外仕事も多くて、…凍えさせてしまったりと、そこは防寒重視のアナウンスが足りなかったとだいぶ反省してます。
申し訳ないことに、私は足元と背中にホカロンを仕込み、自分だけはしっかりと防寒していました。
 
それにひきかえ薄着で元気に走りまわる子供達。
親子づれの来場者が多かったのも嬉しかったです。
個人的に「たね」の大切さをもっとも伝えたい相手は母親層なので。

 
種の展示和知さんのワークショップ

 

そもそもイベントの趣旨の「たねと食」、、
少し難しくて敷居が高く感じられないかなと、心配でした。
事前に少したねのことを勉強したので、私の乏しい認識の範囲ですがざっくりと書いてみます。「たねと食の美味しい祭」オフィシャル見解ではございません。キーワードは遺伝子です。

昔は普通のことだった、作物を育て、そこからたねを採り、次の年また播くという方法。
昔? そう、もうそれって昔話になりつつあるのです!
最初に聞いた時はびっくりしました。
国内で栽培されている作物のたねのおよそ9割が輸入。しかも人為的に掛け合わされた一世代限りの品種「F1」がほとんどだそうです。

F1」とは簡単に言ってしまえば、昔ながらの品種改良に優性遺伝の法則を導入し、改良を超画期的、確実にしたもの。(遺伝子組み換えとは別)

もちろんメリットがたくさんあります。その一世代に限りますが収量と形が安定していて市場に流通させやすい。
形が安定していれば、出荷の際の箱詰めもしやすいですし、箱単位で値段をつけて取引もできますよね。
デメリットとしては、遺伝形質が均一なので病気にかかるときは一斉に全滅。
そして一世代限定なので農家さんは毎年たねを買い続ける必要がある。
 
 
「F1」のたねにも流行があるそうです。味も収量も形もいい品種は世界的に広まります。
それは同時に単一の遺伝子が世界中に広まり、もともとあった多様な遺伝子を駆逐していくことにもつながるのです。
たねは遺伝子の箱舟ですから。
人気者のくせに、使われ方によって悪者になってしまう「F1」。ちょっと可哀想…。
 
 
しかも前述のように病気にかかるときは全滅という弱い子な面もあり、、新型の病気には新型の種を開発する必要があります。
人為的に掛け合わせると言っても、親は必要です。種は人間には合成できません。
そこで必要となってくるのは多様な遺伝子。
新型の病気に対抗できる遺伝子が、原種に近いたねから見つかるという例もあるそうですよ。
 
 
いっぽう在来種というのは、昔ながらの「たねを採って播く」というやり方で農家さんが守り育ててきたたねのこと。
種は質のいいものを選別し残して蒔かれるので、味は抜群、土地の環境にも合いますが、でき上がりの大きさは不揃いで収量も不安定。ただ遺伝形質が均一ではないぶん、病気に襲われても畑まるまる全滅ということはない強い子です。
商業ベースにはのりにくいので、現状、山間部で高齢者が細々と守ってらっしゃる状況が多いみたい。本当に昔話の世界になりそう。
食料自給率の低さが叫ばれている中、同時に種を遺伝子資源として守るのも国の役目でしょと思うのですが、ご存知のように経済優先な価値観の内閣、そこに予算がさかれる見込みは……。
 
 
今回のイベントのゲスト、または出店者として参加してくださった方々は、そんな現状をなんとかしよう、たねを守りたいといった気持ちで活動されている方々ばかりです。
ワークショップを開催してくださった、ポコ・ア・ポコ農園の和知さんwarmer warmerの高橋一也さんseeds of lifeのジョン・ムーアさんナチュラルシードネットワークの石井吉彦さん、新庄水田トラストの高橋保廣さん。ほかにもたくさんの方々が集まりました。
 
 
シードセイバー

種採りをしている農家さん、シードバンクを設立した方、全国で講演をしている方、在来種の種を広めている方などそうそうたるメンバー。
 
 
それにひきかえいち消費者の私たちは何ができるのか戸惑いますけど……、
まずは現状を知る、味の違いを知ることからで十分だと思います。そしてできれば誰かに伝える。
それ以上実際に何かしてみたくなったら、家庭菜園で種を撒いたり、トラストに参加したり、勉強会を探したりという手段があります。
石井さんはアースデイマーケットにも、F1でないたねを売りにきてくださっています。お話しも聞けますよ〜。

マーケットで量り売りの野菜を買うのもいいですね。

 

ちなみにわたしは新庄水田トラストに参加して、毎年おいしい在来種のお米の配当を受けています。「さわのはな」というお米です。
もともと独身時代から始めていたのですが、田中もそういうとこには予算をさこうという価値観なので、結婚してからも続いています。
話はそれますが、一緒に暮らすうえで金銭感覚の一致は大事ですよー! 独身のみなさん。

種の額装

上の写真は和知さんの育てた麦とアスパラの種を額装したもの。当日ワークショップスペースに飾りました。

気に入ったので、いまわたしの部屋の壁に飾ってあります。アスパラの種って紅いきれいなつぶつぶなんです。和知さんに教わって初めて知りました。

たねについてはまだまだ知らないことばかりです。これからも少しづつ勉強していこうと思います。

 

 

寺田本家と鍋店、とても対照的でとてもご近所な2つの酒蔵

| 2013.02.07 |

こんにちは
田中の方です

先日、行って来ました全国発酵食品サミット in こうざき
その2日め、神崎の発酵の拠点をめぐるツアーで2つの酒蔵さんにおじゃました。

一つ目に向かったのは鍋店さん。

鍋店

鍋店

鍋店

もう一つ目は寺田本家さん。

寺田本家

寺田本家

寺田本家

いかがでしょう?
同じ酒蔵さんでも全然雰囲気が違いますね。

鍋店さんは寺田本家さんの3倍以上のお酒を生産しているそうです。
設備も大きくて機械も多く見られます。

酵母に関しての考え方も対照的で写真をご覧の通り鍋店さんの見学時には白衣とキャップの着用が必要で外部から無用な菌が入り込むことを防ぐようにしています。今回は見学者の人数が多かったことで麹室は見せていただけませんでした。

一方、寺田本家さんは種菌は自家培養し、蔵付きの酵母を大事にしていて、麹室も自由に見学せさてくれます。
いろいろな菌を皆さんに持ち込んでほしいと言わんばかりのやり方をしています。

鍋店さんでは納豆菌が入り込んだりするとちょっと大変なことになる、とおっしゃっていましたが寺田さんでは、別に問題ないとおっしゃっていました。

そして味のほうですが、これがまさしく対照的で鍋店さんはすっきり淡麗、一般的な日本酒らしい日本酒の味がします。
寺田さんは、酸味もあってアミノ酸の旨味が多くて、ひょっとしたらこれは日本酒じゃない!っておっしゃる方もいるかもしれないような味がします。

ちなみに私は寺田さんの醍醐のしずくというお酒が大好きです。甘酸っぱくて旨味のあるお酒です。日本酒だと思って飲むと戸惑うかもしれません。

こんな対照的な2つの酒蔵さんですが数百メートルしか離れていない場所にあって、今回の発酵サミットでは町を盛り上げていこうと協力して活動しています。

日本酒と一括りに言っても、その内側は本当に様々で豊かな世界があるなぁと再認識しました。

みなさんもぜひのぞいて欲しいです。
そのためにはまず飲まないとはじまりません!
「仁勇・不動」醸造元 鍋店株式会社
自然酒五人娘 発芽玄米酒むすひ 香取 蔵元 寺田本家

醤油こうじを仕込みました。そして醤油も!

| 2013.01.30 |

 

塩こうじ&しょうゆこうじ

 

 

みやもと山さんから買ってきた玄米こうじで作った塩こうじと醤油こうじ。

まだ仕込み立てなのでさらさらです。

醤油こうじははじめて作りましたが、塩こうじと同じくまぜるだけなのでとっても簡単でした♪

本みりんも少しまぜてみた。一日でもういい香りがしています。おいしそ〜〜

 

最近は塩こうじを手づくりする人も珍しくないようで、クックパッドを見ると裏技なんてものまで載っています。

それは炊飯器の保温機能を使うというもの。冬でもささっと発酵完了、うーん手軽!

こうじがだんだん普通の暮らしに溶けこんできましたね。

 

うちはさらに今年はすごいものに挑戦することになりました。

bace of soysauce

 

この茶色い砂利みたいなものは、お醤油の元になる大豆と麦とこうじと塩だそうです。

容器にうつしてお水とまぜて半年かけて育てると、、おうちでおいしい「もろみ」が完成。

これ、わたしよりも田中がのりのりです。

仕込んだら基本放置でいいお味噌と違い、これは定期的に容器を「ふる」必要があるので、わたしは尻ごみしてしまいました。簡単とはいえ忘れたらたいへん!

ぬか床の面倒をちゃんとみられなかった前科があるもので。

田中は興味もったことは続ける人ですので、安心してお任せしようと思います♪

できあがったら美味しいお刺身につけたい。

 

醤油の素の発売元は陰陽ライフ株式会社さん

また東京朝市アースデイマーケットにも出店するそうです。

 

 

たねと食のおいしい祭 @ カフェ・スロー

| 2013.01.17 |

 

event_tanetoshoku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たねと食のおいしい祭

2013年2月17日(日)開催

会場:国分寺カフェスローhttp://www.cafeslow.com/

詳細情報:http://www.facebook.com/TanetoShokunoOishi2013

 

わたし考藤はスタッフとして当日はずっと会場にいま〜す。

田中も写真を撮りに行く予定です。

会場のカフェスローさんは、わたしたちの結婚パーティーでも使わせてもらった場所。

いつも楽しい企みにあふれている場所です。

 

主催の「たねと食のおいしい祭実行委員会」とは、週末農風、カフェスロー、NPO法人トージバ、東京朝市アースデイマーケットといった、食と農を活動の中心にしてきたメンバーが集った団体です。

わたしは今まで農風の活動以外でイベントにゼロからかかわったことはなく、できあがった状態のところからお手伝いというのが多かったのですが、今回は企画をあたためるところから顔を出し、ロゴや広報ツールを作ったりしております。

このメンバーでがっつりと集まってひとつのイベントをするのも初めてに近いです。

とはいえ、プライベート含めてふだんから行き来のあるメンバーなので、違和感なくぐいぐい計画が押し進んでいます。

今伝えたいこと、伝えられることは種だよね! というメンバーの思い。

これは危機感から来てるのです。

「種は大事」

よく知らなくても感覚でわかることではありますよねー。

あえてその実態に耳をかたむけてみると、

 

いま、日本では種の自給率が低い。。  低すぎ、輸入頼り。

世界的には、作付される品種がかたよっているため、遺伝子の多様性がすごい勢いで減っています。もうびっくりです。。

 

でもそういう危機感も、できるだけ楽しく伝えたいのです。自分たちらしく。

在来種の種が持っている個性や味、守っている人たちのストーリーなど、すごいな、知って良かったな、暮らしにつながっているな、と思えることがたくさんあります。

特に子育てされているパパ・ママ世代にはいいお祭りになりそう。

映画「よみがえりのレシピ」の親子上映会もやっちゃいます。

ぜひ気軽に遊びに来てくださ〜い。

 

そうそう、上の写真のカフェ・スロー店内は実は実はわたしたちのパーティーの時に撮ったもの。
よーく見ると花で飾られた高砂席(たかさごせき)も写ってたりします。

 

チラシ、マーケットに間に合わせるため超特急でつくりました。イラストはまやさんのご協力。

ダウンロードもできます。ご自由にどうぞ〜。


tane_flyer_omote

 

 

 

 

 

全国発酵食品サミット in こうざき

| 2013.01.15 |

今月の1月20日(日)ー21日(月)、千葉県神崎町にて全国発酵食品サミットが開催されます。
私は今回、カメラマンとして参加してきます。
美味しいもの食べ過ぎて撮影忘れないように気をつけます!

詳細は以下からご覧ください。
【参加申込み受付続行中!】発酵の祭典 全国発酵食品サミットinこうざき | 発酵の里こうざき 〜千葉で一番小さなまち 発酵文化の息づくまち〜

発酵サミットinこうざき フライヤー

神崎町とはいままでにたくさんのご縁いただきました。

みんなで大豆の種まき「1000人種まき大作戦」
1000人種まき大作戦

そして味噌作り。お陰で我が家では毎冬味噌を自宅で仕込むようになりました。
味噌仕込み

神崎でお泊りするときはと~じ舎(当事者に掛かってます)でいつもお世話になっています。

最後に、忘れちゃいけない蔵元 寺田本家さん。
私も考藤もここの「醍醐のしずく」が大好きです。

そんなわけで、発酵の里、こうざきが盛り上がりますように微力ながら頑張ってきます!

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の記事
カテゴリー