日々ろぐ

Let’s 生春巻き

| 2013.08.10 |

久々に料理ネタです。

7月のマーケットで塚越先生に教わって以来、この夏ちょこちょこと生春巻きを作ってます。

生春巻1生春巻き2

ありあわせの生野菜を巻いてサラダ感覚でパクリ。

写真と盛り付けがぜんぜんいけてないのはさて置き、、

ただのサラダに飽きてきた時、暑くて料理する気持ちが上がらない時、めん類だけじゃ物足りないような時にいいですよ~。

巻くのは楽しいし、切って盛るだけのサラダよりも立派な一品に見えちゃいます。

春巻きの片側から野菜がきれいに飛び出る巻き方が、やってみるとすごく簡単で感動しました。

実習の時、いろいろな野菜があった中で、私はとうもろこしが一番気に入ったので、ほかの具は適当でもそれだけは必ず入れています。甘みがほど良いアクセント♪

 

生春巻きは今までも家で作ることはありましたけど、メインディッシュという少し気合いのいる位置づけでした。

それが “サラダ代わりに” と考え方を変えてもらっただけで、ググッと敷居が低くなるから不思議なものです。具も野菜だけでもいいし、作る数も少なくていいので気楽です。

ライスペーパーはSサイズというのが使いやすくておすすめ。

ライスペーパー

 

またこういった身近な野菜のちょっと楽しい食べ方を教えてもらえると嬉しいですね☆

次の「おいしい農風の台所」は、9月22日(日)です。かぼちゃを使う料理を考えてらっしゃるそうです。

ポコ・ア・ポコ農園さん撮影してきました

| 2013.07.05 |

みなさま
田中です
カメラマン強化週間第一弾!
ポコ・ア・ポコ農園さん行って参りました
久しぶりに一生懸命撮りました
ちょっとだけ紹介します

詳しいレポートは週末農風のイトウトモさんがあげてくれていますのでそちらをどうぞ
写真もたくさん上がっています
6/30 ポコアポコ農園さんの小麦刈り « 週末農風 – 週末だけ農作業でお手伝い

今回の集合写真はかなり気に入ってます
満点ではないですがいい線じゃないでしょうか
みんないい顔してます
曇っていましたがピーカンより農作業も撮影もしやすくて助かりました

集合写真

ポコ・ア・ポコ農園さんで用意してくださったお昼ご飯のサラダ
おいしい&うつくしい

サラダ

今回一番衝撃を受けたのがビニールハウスです
たいていの農家さん、ハウスの中は整然としているしているのですがこちらは鬱蒼としています

ハウスの中

最後に考藤の勇姿をお見せしましょう
今回私はカメラに徹していたので農作業はほとんどしませんでしたが彼女が私のぶんまでがんばってくれていました

考藤麦刈り

今週末はうってかわって都内の朝市と八百屋さんへ取材に行ってきます!

アースデイマーケットにヤギがいました

| 2013.07.03 |

 

やぎのパン屋さん

 

 

真ん中でヤギでおそるおそるヤギを触っているのがわたしの姪っ子ちゃんです。

ただ今3才、はじめてのアースデイマーケットです。

着くなりおつかれの様子でしたが、ヤギのおかげで楽しい思い出ができたかな?

 

姪っ子ちゃんとは頻繁に会えないので、ときどきFaceTime(iPhoneのテレビ電話みたいの)でおしゃべりを試みています。けっこう楽しんでくれているみたい。切る前はバイバイしてくれます。

でも…、悲しいことにこの日わたしを見ても誰だかわからない様子でした……。

いくらFaceTimeで顔を見せても、実際に顔をあわせないと効果はないのでしょうか。おばちゃんはちょっと寂しい。

 

さてさてこの写真のヤギさん、いったいなぜ代々木公園にヤギがいるかというと、ここ2回出店されている「修験 de パン」さんの看板ヤギなのです。山梨の大月からいらしています。

ヤギ同伴もびっくりですが、パンのほうも相当個性的、粉は「玄小麦を自家製挽きした粗引き小麦」だそうです。

見た目もかなりユニークなカンパーニュのみを5種類販売されています。

下の写真の右側です。かなりどっしりとしていて私好み。でも半分とっておいたのを翌々日に食べたところ、けっこう酸味がきつくなっていた。パンが生きている証拠なのかな??

パン&パン

 

左側のカラフルなパンは、神奈川県大和市から来ている「パン工房ふらんす」さん。

ここは酵母の種類がさまざまでおもしろいです。パンのラインナップもいろいろ。

写真はないですが、ベーコンエピならぬ、コーフーが入ったエピを買ってみました。ベーコンよりもあっさりしつつ、歯ごたえはほどよくあって飽きのこない味。でも食べながら気づいてしまいました。。生地も具も小麦。いいのかこれは…などと一瞬思いましたが、逆に小麦同士だから相性がいいのかも、納豆に醤油みたいな。ごはんとコーフーよりもよっぽど違和感ないです。

 

他にも最近出店されるパン屋さんはどこもかなり個性的。そうパン好きではない私ですが目が離せません。

 

やはり先月いらしていた「農園パン屋 きんぴら工房」さんでは「するめパン」なるものを買いました。

こけおどしのネーミングではなく、ほんとうにするめがたくさん入っていました。

生地自体も味わいがあってするめに負けないバランス。とはいえ合ってない、こればかりは合っていません。

なのにおいしい、また食べたくなるので不思議です。機会のある方はぜひ挑戦を。

写真は撮り忘れてしまいました。

 

ともえグランマ」さんのパンも挽きたて全粒粉100%+こだわりぬいた材料という個性派。

ともえグランマ

 

パン屋はどこも売り切れが早いので、パン狙いの方はどうぞ早い時間にお越しを。

わたしもいつも早めの確保につとめていま〜す。

 

 

豊穣庵のごはんです。

| 2013.06.25 |

山菜おこわ釜戸 おいしい顔野草天ぷら パンダ豆    ズッキーニうみたて卵 うどんと天ぷらとおにぎり おにぎり そば打ち

土日に週末農風で那須の豊穣庵に行って来ました。

頻繁に通っているような気になっていましたが、振り返ってみればほぼ10ヶ月ぶり!

そんなに来ていなかったか〜と自分でも驚きです。豊穣庵ではその間にロケットストーブができていたり、子犬だった犬が成長して母犬になっていたり、新たな畑やにわとり小屋ができていたり、常連のNくんの飯炊きスキルがアップしていたりと、今回はめまぐるしい変化にご対面となりました。

そんな中でも変わらないのは美味しい食事〜。ここでしか食べられないよしえさんの農家料理です。

特に釜土炊きごはん&おこわは最高です。うちでも豊穣庵のお米をとって食べていますが、ここで食べるほうがだんぜん美味しいなぁ〜と今回あらためて思うのでした。

 

そんなわけで今回の写真はごはん特集にしました。

パンダ豆の煮豆はウェルカムドリンクならぬウェルカムお豆。これを食べると行きの疲れが飛んでいきます。

珍しいところではズッキーニの花。肉詰めにしたお花を天ぷらにしてくださいました。

おそばは参加者のSくんが2日目にそば打ち教室を開催してくれました。うどんはよしえさんに教わりながら作ったもの。

畑から抜いて来たネギとミョウガダケを薬味にいただきました。

ほかにも野草の天ぷらや朝採りのキヌサヤなどいろいろ。

 

そしてけっして食べてばかりじゃぁありません。今回は“豊穣醤油の会”の第一回目。大豆の種まきもかなりがんばってきましたよ。

来年、無事に醤油ができあがったあかつきには、生みたて卵と釜戸炊きごはんで卵がけごはんをするのが目標!

そのときはごはんがいくらあっても足りなそうです。

なんせ今回も朝から15人で1升をたいらげましたから。。。

 

 

OrganicAsiaと

| 2013.06.17 |

 


ひじきのアジアンサラダ&切り干し大根のおつまみ

昨日のアースデイマーケットは、小雨降るなか空然の取材ラッシュでした。
テレビ東京、TVbros、TVbros、casa BRUTUS、OrganicAsia

ファーマーズマーケットはいろんな意味で注目されている……のかな?

うーん、あまり実感がわきません。景気の悪い話の方が多いので。

ただこういう時代だからこそ、安心感や顔の見えるつながりのある場所って貴重な捉え方をされているのかも。

考えてみればアースデイマーケットって、なじみのいろんな人が買い物がてら遊びに来てにぎわってたりもするので、まるで会場全体がコミュニティカフェのようなもの(にぎわってもあまり儲からない点も似てます)。単なる買い物の場を超えたものがあるのは確かなんでしょうね!

 

ちょし先生とテレ東


週末農風と、農風運営の「おいしい農風の台所」ブースにも、なんと取材が2本も訪れました。

午前中はテレビ東京さん。「おいしい農風の台所」のお料理ワークショップの様子が取材されました。

さらっと流し撮りされるだけかと思っていたら大間違い。がっつり丁寧に取材され、美人キャスターさんまで参加者にまじって教わりながらの長時間取材になりました。

こうなると表に出る役のちょし先生はたいへん、参加者に教えつつ取材の応対、コメント、ピーアール、ひとりで全部こなすことになりました。裏方のともさんと私はなんの役にも立たず心の中で応援するのみ!

ちょし先生、心の準備もないまま大勢の人に囲まれ続けたいへんそうでしたが、なんとか集中力でのりきっていました。たぶん内心わたわただったと思いますが、顔には出さず平然とこなす姿に改めてそんけー。

放送は7月16日、午後16時からの「L 4 YOU ! 」だそうです。見てください。私は誰かに録画してもらわないと、、テレビがないので。

 

そしてちょし先生はメディア対応で休憩もとれないまま午後の回に突入!

お料理中

午後は雑誌OrganicAsiaさんがさらっと撮影にきました。「OrganicAsia」といっても誰も聞いたことがないでしょう。なんといってもこれから創刊の新雑誌、雑誌と言っても紙でなくwebで読むタイプのWebマガジンです。

アースデイマーケットと週末農風のことも多くとりあげてくれるそうです。

実はこの雑誌、わたしがデザイナーとして関わることになり、そして週末農風としても全面的に協力することになりました!

コンセプトは、東アジア(日本、台湾、中国、韓国)のオーガニック情報の発信。ことばも多言語展開にして文化交流に役立つツールにするねらいです。

海外の違う文化のオーガニック情報を知るのはわたしも大好き。国内で紹介したい人もいるしはりきっています。

ただバイリンガル誌ははじめてなので、見出しやキャプション、どこまで多言語にすれば良いのかちょっと混乱しつつのすべりだし。webといっても今のところ形態は紙と同じなのでなおさら。それにwebで売るっていったいどうなるの? いまいち想像がわかないのであれこれ調べているところです。

発刊は9月、Facebookページは先にできています。応援よろしくお願いします〜

http://www.facebook.com/asia.organic

 

さてその撮影時に参加者がいないとかっこがつかないので、知り合いに「来てねー」と声をかけてみました。

来てくれましたよ〜。かわいいエプロン持参で、彼氏さんとデートがてら寄ってくれました。

ななんかカップルで包丁にぎって参加する姿ってかわいいー。とても仲よさげです。

「おいしい農風の台所」に新たな可能性をみました。自信をもってデートコースにおすすめします。女性はひらっとしたエプロンを持参すると良いですね♪

実食

その友人からは、「今まで乾物って使ったことなかったけど、せっかく教わったからこれからはメニューに取り入れてみよう(^^)」と嬉しいお言葉ももらいました。

 

次回7月はピクルスの作り方を中心にお送りする予定です!

 

明日はアースデイマーケット

| 2013.06.15 |

明日はアースデイマーケットです!

いよいよ蒸し暑くなって来ましたね。
ずばりビールの季節です!

マーケットでも美味しいビール飲めます。
IMG_4189
オーガニックビールの燦々。

冷たい甘酒なんかもご用意しております。
IMG_4079

ちょっと雨が心配ですが、こうして外での宴会は最高です!
IMG_4188

晴れろ!晴れろ!晴れろ!

ではみなさん、会場でお会いしましょう!

お醤油をつくりましょう

| 2013.06.11 |

 

醤油の会2013

 

田中は毎日せっせとmy醤油の記録をつけ続けています。今年はしょうゆ&しょうゆ! 豊穣庵さんでも醤油づくりにチャレンジをはじめちゃいます。

というわけで、22-23日にまずは大豆の種まきに行ってまいりまーす。ひさびさの豊穣庵、楽しみだ〜。

ご興味のある方は、今月16日の東京朝市アースデイマーケットに来てみてくださいね。豊穣庵さんも出店されます。

 

ポスターは、まだ活動写真もないので文字だけでまとめてみました。書体はお気に入りの「あられ」。四隅の葉っぱは大豆の葉をイメージしてます。

 

 

醤油といえば、いま冷蔵庫のポケットに「醤油麹」「かえし」「梅醤油」が入っています。どれも基本醤油に混ぜるだけ、漬けるだけで簡単に作れて、毎日のお料理の時短に役立ってくれています。「梅醤油」は今年はじめて作ってみました。青梅を水に数時間つけてアク抜きをしてから、お醤油につけるだけ。醤油にさわやかな香りと酸味が加わって、冷や奴にもつけ麺にも相性バッチリ。醤油にひと手間かけておくと、料理は逆にシンプルでいいみたい。

 

梅醤油

 

来年はポケットにマイ醤油も並ぶと楽しいな〜。

イベント出店で食品を扱う上での食品表示ラベルの役割

| 2013.04.17 |

考藤は今週末のアースデイ東京での週末農風の出店に向けて準備に追われているようです。
今回は加工食品も出すということで準備にも気を使うことが多くなります。
その中でも食品表示というのはめんどうだけれでも決して疎かにできない要素です。

この食品表示についてどう考えていけばいいかちょっと書いてみようとおもいます。

食品表示は義務付けられていて罰則もあるけれど複雑

食品表示は法律で義務付られていて罰則もあります。しかしそのルールを把握することは困難です。なぜかというと複数の法律に分かれているからです。それも1つや2つじゃありません。食品衛生法、JAS法、景品表示法、計量法、健康増進法、薬事法と6つにまたがっています。これはいわゆる縦割り行政の最たるもので、それぞれの法律の所管は農林水産省、経済産業省、厚生労働省、消費者庁とバラバラなのです。

私は、アースデイマーケットの事務局をしているとき毎月保健所に通っていましたが、その際、表示のルールを把握したいから教えてくれと言ったら、基本的なことだけわかればそれで良い、それ以上はその都度問い合わせてくれればよい、というようなことを言われました。

食品表示はこれだけ身近なものにもかかわらずそのルールを理解するのが大変というのは問題ですね。こういうこともあって消費者庁はできたのでしょう。食品表示については消費者庁で管轄し法律も整理していく流れにはなっているようですね。

食品表示のルールを調べるには

食品表示のルールについては以下のページで調べられます。まだ調べづらさはありますが以前に比べれはだいぶましになりました。最終的には法律作りなおさないと整理できないでしょうね。
食品表示について | 消費者庁
基本的なことの把握は以下のPDFで十分だと思います。
JAS法に基づく食品品質表示の早わかり(平成25年1月版)pdf

ただし、実際に加工食品の生産や販売をするのであれば、やはり最寄りの保健所に問い合わせて指示を仰いで下さい。商品を持参して見てもらっても良いと思います。これが間違いないです。

ここまではルールだから守りましょうという話ですが、私は食品表示にはもっと積極的に取り組む意味があると思っています。とくに、イベント出店にとってはです。

イベント出店にとって食品表示は購入後の唯一の通信手段であり顔である

実はアースデイマーケットをはじめた当初(7年前)、食品表示はだいぶおろそかでした(今はもちろんちゃんとやっていますよ!)。
というのも農家さんのほとんどは街まで出向いて販売するという経験がなかったのです。

地元の定期イベントなどで販売する分にはそれでも実際には問題はほとんどないのです。作ってから時間を置かずに販売できるので食品が痛みづらいです。もし何かあってもお客さんとも顔なじみだったりします。

しかし、渋谷の代々木公園という不特定多数の人たちが行き交う場所で月に一度だけ販売するという状況ではそういうわけにはいきません。

表示がなくて一番問題なことは、購入者が問い合わせたいと思ったとき不可能になってしまうことです

商品に問題があった場合、一番事がこじれるのは、だれが販売した商品かわからなかったり、わかっても販売元と連絡がつかないことです。苦情をぶつける先がないというのが一番困ったことです。

この場合、連絡は事務局へ来るわけですが、事務局としても販売元を特定できない場合がありえます。
事務局は出店者よりあらかじめ販売する商品一覧を届けてもらっていますが、ジャムやおにぎり、漬物などは複数の出店者が販売していることがよくあります。あっては困ることなんですが、あらかじめ届けてもらっていない商品を販売してしまう方もいらっしゃいます。

そんなわけで、イベント出店において食品表示はほんとうに大事です、とくに製造元(販売元)の名称、所在地、住所、電話番号は最重要です。個人でやられている方で連絡先を書きたくないと思う方もいるかもしれませんがそれはダメです。ネット環境のない方もいますので電話番号が大切です。

連絡がつかないというのはなにも商品に問題があった時だけじゃなくて、美味しかったからまた欲しい!という時にも問題なのです。せっかくのリピーターさんを逃してしまうわけですから。

ラブレターを書くつもりで

自分が一生懸命作った商品を最後まで美味しく食べてほしい、また食べたいと思ったら連絡してほしい、もし商品に意見があったら寄せてほしい

こういう気持ちでどんな表示であればそれが叶うか考えてみてください。その上で食品表示のルールをひと通り読んでもらえれば(ちょっと大変だけど)適切な表示はできるとおもいます。

今週末のアースデイ東京では私もブースにたって販売手伝います。売り子をやるのは初めてなのでちょっと楽しみです。

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の記事
カテゴリー