日々ろぐ

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)検定2級に合格した話

| 2019.01.31 |

2018年は3級に続き2級もがんばっちゃいました。

取得した資格は、メディア・ユニバーサルデザイン2級 ディレクター

MUDのサイトによると、2級の目的は「M U Dに配慮した印刷物を制作する理論とテクニックを学ぶ」。3級よりも実践的な勉強内容です。

3級は事前準備も特にせず、1日の講習だけでとれたようなものでした。仕事&育児と両立しやすくて助かりました。

さすがに2級のレベルはそれじゃ無理そうなので、受けるかどうかしばらく迷いました。正直3級だけだと学び足りない感はあり、でも2級は受験料が高い! 落ちるわけにはいかないし。結局田中の後押しがあったので決意できたようなものです。実際に休日は娘の相手をがんばり、私が予習する時間を作ってくれました。もう若い頃と違い勉強も体力勝負。夜だけじゃなくて昼間に勉強させてもらえたのが勝因だったかも。

2級は受検料を振り込むと、先にテキストと練習問題が送られてきます。予習必須なのは【より多くの人が見やすい「色の選び方」】の章。より多くの人とは色覚障害者が含まれます。というかそれがメイン。

色覚障害者の見えている色の差を、CMYKのパーセンテージで考えて選択肢から色を選ぶ問題です。数字苦手な私には超難関。しかも答えは1つじゃなかったりすることもあるのが、よけいややこしい! 解答を読んでも納得できなかったりする。

最初は、脳の普段使ってない部分がショートし、問題読むだけで眠くなっておりました。こういうのは田中の方がぜんぜん向いてる。向いてる人には難関というほどではないかも〜。

とにかくそのアナザーワールドの色の見え方を頭にたたきこんで、二日間の講習にのぞみました。講習の一日目はがっつりその「色の選び方」です。予習をしていって良かった。。予習をしていない方は、だいぶ混乱しているようでした。講師の方がひととおりの説明後、演習問題を出して繰り返し何度もまた説明してくれるので、私は講習時間の最後の方にはだいぶ余裕で理解できるようになりました。

というわけで本番の試験にはけっこう余裕な気持ちでのぞんだのですが、、難しかった!!! なにこれ、ふつうさー試験て練習問題の範囲で出題されるんじゃないの?? とちょっとあわてました。ぜんぜん合格の手応えを感じないまま一日目を終え、暗い気持ちで会場を後にしたのでした。

合否は二日間両日の試験と、後日提出する課題で決まるのですが、この一日目の試験で落ちていると、他でがんばっても挽回はできません。合否以上に学ぶことがメインとはいえしんどいものですね。とはいえ、なんとか合格したところを見ると採点はけっこう甘かったのかも。ちなみに採点は減点方式でした。

講習の二日目とはというと、うって変わってレイアウトや書体についての勉強。こちらは普段使っている方の脳みそ。安心でした。ここでの講習内容はむしろ後日提出の課題でフル活用となります。課題のほうは、提出後に丁寧に指導のメールが来たりして、落とす目的でなく「学び」を重視しててさすがだなぁと感じました。

さて、見やすいデザインテクニックを勉強してみて、難しいのはさじ加減だなぁというのが感想です。

見やすい配色=綺麗な配色とは限りません。実際の仕事では、デザインの目的に合わせてどこまで配慮すればいいのかを、クライアントと一緒に考えるのもディレクターの役割です。より多くの人が見やすくというMUDの考え方が広く世間に浸透して、発注する側と発注される側が近いフィールドで考えていけるといいなと思いました。

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)検定3級に合格した話

| 2018.07.30 |

MUDアドバイザー

 

このたび、メディア・ユニバーサルデザイン・アドバイザー(略してMUDアドバイザー)検定に合格しました!
と言っても大方の方からはなんだこりゃと思われそうです。思い切りざっくり簡単に言うと、メディアに関する「視覚情報」を、高齢者や弱視者、色覚障がい者など視力に問題がある方にも見やすいよう配慮したデザインに整理することがメディア・ユニバーサルデザイン。
アドバイザーはその教育検定3級の認定資格です。
検定は2011年からNPO法人 メディア・ユニバーサルデザイン協会が実施しています。

小さい文字が見づらい、色が見分けづらい、情報が読み取れない、ある程度の年齢になれば誰にとっても無縁じゃない話です。それに視覚に自信がある方でも、くっついた行間や余白のないレイアウトに読みづらさや見苦しさ感じることがありますよね。
3級はデザインで問題解決を図る基本を勉強し、必要な情報が届くような改善案をアドバイスできる資格です。

3級は入門編といったところなので、この仕事をしていればまあおおかた受かるレベル。ブログで長々と自慢することではないのですが、たまには私の目標をしっかり書いてみます!
わたしももう40代半ば、とうに不惑は越してますが残念ながらまだまだ惑いまくり。
これから自分はどういうデザインをしていきたいんだろう? 今年に入ってから自問していました。

それで一番しっくりときたのが、高齢者に配慮した見やすいデザイン。「雰囲気重視の伝わらないデザイン」からは卒業し、必要な情報をちゃんと伝えることに自信を持つ! 我ながらなかなか現実的な目標です。

それにはまずユニバーサルデザインをちゃんと勉強したいと調べていたところ、この検定を知りました。
メディア系のユニバーサルデザインは独学するための情報が少ないので、勉強するには検定に申し込むのが一番良さそう。
ありがたいことに3級は朝から1日がかりで講義を受けて簡単な試験を受けるだけなので、仕事と育児しながらでも余裕を持ってのぞめました。
検定料は一般16,200円。ちょっとお高めですけど、講義とテキストが含まれているので妥当といったところでしょう。

その検定自体も、ユニバーサルデザインを意識した取り組みが随所に見られおもしろいものでした。まあ検定なんて今まで簿記3級しか受けた経験がないので、あれこれ言えた立場ではないのですが、次回は試験当日のレポートも書いてみます。と言ってもいつになるやらですが。。。

 

暑中お見舞い申し上げます

| 2015.08.04 |

今年は酷暑が続きますね。

東京は夜になっても熱気がひかない、寝苦しい日が続いています。

朝は冷やし茶漬けを夫婦でさらさらといただいて、クールダウンするのが最近のわたしの定番です。これに酢の物があると最高です〜。

 

夏のグリーティグカードを作りました。

shochumimai_2015

涼しげな色を組み合わせてみましたよ。

目から少しでもクールダウンしていただけたら幸いです。

 

図案は「カリグレイスコープ」という技法を使わせていただきました。

アルファベットを組み合わて回転させた模様で、河南美和子さん発案の技法だそうです。わたしの通っている教室の先生がはまっていて紹介してくれました。なかなか楽しいです。

テキストもPart.3まで発売されてますので興味のある方はどうぞ↓

『カリグレイスコープ 文字の万華鏡Part1
色鉛筆とカラーボールペンでアルファベットをデザインする』

 

夏本番、いい汗をかいてみなさま元気にお過ごしください!

 

ロモグラフィーさんよりインタビュー受けました

| 2015.03.23 |

フィルムカメラを販売しているLomographyさんからインタビュー受けました。
アースデイマーケットについて写真についてなど話しています。

スペシャルインタビュー:東京朝市アースデイマーケット 事務局 田中利昌 · Lomography

4月には共同でアースデイマーケットの会場でワークショップをやる予定でいます。

アースデイマーケット写真部、始動!

| 2014.05.08 |

2月から準備していたアースデイマーケット写真部、募集からミーティング、ロゴマーク作成、腕章作成を経まして今月のアースデイマーケットから本格的に活動できる準備が整いました!
写真部をつくろうと思った経緯については アースデイマーケット写真部つくります で書きました。

先月のマーケットも試運転かねて写真部のメンバーで撮影しました。
2014年04月27日(日)代々木公園けやき並木の様子 – 東京朝市 アースデイマーケット

これが写真部の腕章です
会場でこの腕章を見かけたらお気軽にお声掛け下さい。部員も常時募集しています。

edm-pc

代々木公園でのアースデイマーケットでの撮影を基本としながら、週末農風さんと現場へ訪れることも始まっています。
今後もなにか企画を立てたり、出店者さんの要望に応えるようなこともしていきたいです。

フェイスブックに写真部のグループあります。
アースデイマーケット写真部
(フェスブックのアカウントがあればどなたでも参加できます)

さて、アースデイマーケットは今月から徐々に夏の野菜が出回ってきて1年でいちばん色彩豊かなシーズンに入っていきます。
会場のケヤキ並木の緑も絶品です。

写真が趣味の方、東京は桜や藤の季節は終わりましたが、アースデイマーケットはこれからが一番フォトジェニックな季節です。
ぜひカメラ片手にふらっとお越しください。

IMG_0683

アースデイマーケット写真部つくります

| 2014.02.12 |

みなさんこんにちは、田中の方です
ブログは本当にご無沙汰になってしまいましたね

さて、今回はちょっと新しいことを始めてみようと思いました。

私は2006年から東京朝市 アースデイマーケットの写真を撮り続けているのですが、私だけが撮っているのはもったいない!
ということでアースデイマーケットの写真をとっていただけるボランティアスタッフを広く募集したいと思います。

私とアースデイマーケットの関わりについては以下を御覧ください。
東京朝市 アースデイマーケット « イベント運営 « ポートフォリオ

なぜ募集しようと思ったの?

理由は大きく分けて2つあります。
まず1番は、アースデイマーケットは本当に良い場です。生命力にあふれた場です。この場所を撮ることは純粋に楽しいです。この楽しさをもっと多くの人たちと分かち合いたい。

もう一つの理由は、マーケットの運営は慢性的に人手不足です。実は私自身も終日、撮影だけが仕事というわけではなく他にやらなければならないことがありまして、集中して写真を撮る時間が少なくなってきました。そこで、私は撮影から一歩引いて、みなさんに力を貸していただこうと思いました。

参加するとどんないいことがあるの?

まず、とにかくマーケットの撮影は楽しいです。毎回美しい野菜が目白押し、信念をもった出店者さんがたくさん、来場者も老若男女、日本人じゃない方も大勢、そして会場になっている代々木公園のケヤキ並木も季節に応じて豊かに変化します(私は特に6月ぐらいの新緑が好きですね)。
撮るものが多すぎて困るんです

そして、楽しく撮っているとどうしても写真がうまくなってしまいます。これは間違いないです。
私自身、全くの素人でマーケットの撮影を始めましたが、今はカメラマンも名乗っていまして、仕事も来るようになってしまいました。

仲間ができます。これも間違いないです。学生時代の友人、仕事関係の友人、それとはまた違った世界の友だちができます
私は学生時代、父から「社会に出たら本当の友達はできなくなるから今のうちに作るように!」と言われましたが、そんなことありませんでしたー!
私の場合は友達のみならず生涯のパートナーも得ました。

写真を発表する場があります
2014年01月26日(日)代々木公園けやき並木の様子 – 東京朝市 アースデイマーケット
毎月の様子はマーケットのサイト上で公開します。

ただこうして写真を公開するという以外の方法も試みることができます。以前にはこんなこともやりました。
東京朝市アースデイマーケット・パノラマ « ウェブサイト « ポートフォリオ
大学の卒業制作の題材にもなる場じゃないかと思いますよ!
アイデア出していただければぜひ協力したいです。

ギャラは出るの?

でません!交通費も出せません!だけどマーケットで買い物に使えるアースデイマネーを差し上げます。

一眼レフとか持ってないけど?

スマートフォンのカメラでもOK。こういうカメラでないと取れない絵もありますし、実はアースデイマーケットのフェイスブックページへの実況中継もやりたいと思っていまして、スマートフォンの方が都合が良いです。

権利とか利用許諾とか

写真の著作権は放棄して頂く必要はありません。どこまで利用させていただくか?という話は個別に応じたいと思います。

説明会やりたいです!

マーケット当日はどうしてもバタバタするのであらかじめ時間を作って、説明会を開きたいです。よろしくお願いします。

ぜひ、ご参加お願いします!

問い合わせは以下のフォーム(電話番号も書いてあります)
Contact us « TRiM
TRiM.のフェイスブックページ
TRiM.
田中個人への連絡でもかまいません
田中 利昌

フェイスブックにグループ作ってみた

こちらにもぜひ参加!
アースデイマーケット写真部

アースデイマーケットにヤギがいました

| 2013.07.03 |

 

やぎのパン屋さん

 

 

真ん中でヤギでおそるおそるヤギを触っているのがわたしの姪っ子ちゃんです。

ただ今3才、はじめてのアースデイマーケットです。

着くなりおつかれの様子でしたが、ヤギのおかげで楽しい思い出ができたかな?

 

姪っ子ちゃんとは頻繁に会えないので、ときどきFaceTime(iPhoneのテレビ電話みたいの)でおしゃべりを試みています。けっこう楽しんでくれているみたい。切る前はバイバイしてくれます。

でも…、悲しいことにこの日わたしを見ても誰だかわからない様子でした……。

いくらFaceTimeで顔を見せても、実際に顔をあわせないと効果はないのでしょうか。おばちゃんはちょっと寂しい。

 

さてさてこの写真のヤギさん、いったいなぜ代々木公園にヤギがいるかというと、ここ2回出店されている「修験 de パン」さんの看板ヤギなのです。山梨の大月からいらしています。

ヤギ同伴もびっくりですが、パンのほうも相当個性的、粉は「玄小麦を自家製挽きした粗引き小麦」だそうです。

見た目もかなりユニークなカンパーニュのみを5種類販売されています。

下の写真の右側です。かなりどっしりとしていて私好み。でも半分とっておいたのを翌々日に食べたところ、けっこう酸味がきつくなっていた。パンが生きている証拠なのかな??

パン&パン

 

左側のカラフルなパンは、神奈川県大和市から来ている「パン工房ふらんす」さん。

ここは酵母の種類がさまざまでおもしろいです。パンのラインナップもいろいろ。

写真はないですが、ベーコンエピならぬ、コーフーが入ったエピを買ってみました。ベーコンよりもあっさりしつつ、歯ごたえはほどよくあって飽きのこない味。でも食べながら気づいてしまいました。。生地も具も小麦。いいのかこれは…などと一瞬思いましたが、逆に小麦同士だから相性がいいのかも、納豆に醤油みたいな。ごはんとコーフーよりもよっぽど違和感ないです。

 

他にも最近出店されるパン屋さんはどこもかなり個性的。そうパン好きではない私ですが目が離せません。

 

やはり先月いらしていた「農園パン屋 きんぴら工房」さんでは「するめパン」なるものを買いました。

こけおどしのネーミングではなく、ほんとうにするめがたくさん入っていました。

生地自体も味わいがあってするめに負けないバランス。とはいえ合ってない、こればかりは合っていません。

なのにおいしい、また食べたくなるので不思議です。機会のある方はぜひ挑戦を。

写真は撮り忘れてしまいました。

 

ともえグランマ」さんのパンも挽きたて全粒粉100%+こだわりぬいた材料という個性派。

ともえグランマ

 

パン屋はどこも売り切れが早いので、パン狙いの方はどうぞ早い時間にお越しを。

わたしもいつも早めの確保につとめていま〜す。

 

 

明日はアースデイマーケット

| 2013.06.15 |

明日はアースデイマーケットです!

いよいよ蒸し暑くなって来ましたね。
ずばりビールの季節です!

マーケットでも美味しいビール飲めます。
IMG_4189
オーガニックビールの燦々。

冷たい甘酒なんかもご用意しております。
IMG_4079

ちょっと雨が心配ですが、こうして外での宴会は最高です!
IMG_4188

晴れろ!晴れろ!晴れろ!

ではみなさん、会場でお会いしましょう!

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
最近の記事
カテゴリー