日々ろぐ

MUD検定3級 検定当日

| 2018.08.24 Friday |

3級検定当日のことを書き留めたいなぁと思いつつ、あららーっというぐらい時間が経ってしまいました。

ちくいち思い出せないぶん、印象が強かったことだけに絞れるので、これはこれでよしということにさせてください^_^;

では時系列に羅列型でだらだらと。

会場は、印刷会館2階の広い会議室。

席は長机にひとつに2名で、ゆったりと座れてテキストが広げられるスペースが確保されていました。なんでも席と席の間は、ぎりぎり車椅子が通れる幅をあけてあるそうな!

席にはあらかじめ封筒にテキストが入れて置いてあって、まずこの封筒が「引っ張るだけで簡単開封!」とういユニバーサルデザイン。テキスト自体も、各ページに目が不自由な方でも読み取り機があれば内容が理解できる「SPコード」がついてます。これは見た目はQRコードのもっと細かいかんじのもの。コードの位置がわかりやすいように、テキストの近い位置には切れ込みも入っています。

MUD_text1

MUD_text2

 

まわりを見渡すと、どうも私のように個人で受けに来ている人は少なく、企業が若手を集団で送り出して来ている受講生が多いかんじ。検定についてあーだこーだ、先輩はこうだったとかいう話に花が咲いていました。どのようなお仲間なのか興味が湧いたけど、内輪感が強くて訊ねるのは諦めました。若い人だけでなく中高年も多くいました。

 

始まる前にトイレを済ませようと行ってみるとここにも面白いものが。トイレ表示マークの上にさらにテープでマークが貼り付けてある。なんでも災害時の避難所などでも応急に表示マークが作れてしまうテープキットなんだとか。キットの紹介の意味で貼ってあったようです。

 

さて、講義が始まると先生だけでなく、なんと手話通訳者が登場! これが一番びっくりしたかも。聴覚障害のある受検生がいらっしゃるようでした。検定自体が多様な方に対応しているんですね。さすがです。

午前中は色覚についての講義。講師はあの複雑な東京の地下鉄の路線図をユニバーサルデザイン化されたという、第一線で活躍されている方です。学生以来の久々の長時間講義で眠くならないかなーなどと情けない心配をしてましたが、内容がおもしろいし講師がテンポよく進めてくださるので大丈夫でした。また休憩がちょこちょこあって、これが普段からトイレが近い私には非常に助かった。

 

テキストに沿って「ユニバーサルデザイン」とはという理念から始まるのですが、そこはいきなりサクッと簡単に済まされ次章の「メディアユニバーサルデザイン」とはに進みます。これはとまどう人もいるかも。私はちょっととまどうと不安で集中できなくなるタイプなので、あらかじめ家で本を読んでおいて良かった。ちなみに読んで来たのは『ユニバーサルデザインの教科書』『グラフィックデザイナーのためのユニバーサルデザイン実践テクニック51
講義のハイライトは色覚障害者の色の見え方で、これは独学が難しいとこなので貴重でした。

 

話はお昼休みに飛びます。席で食べても良いのですが、外に出て行く方が多かったです。私は持って来ていたので、席でさくっと済ませ、部屋の後方に展示コーナーへGO!  メディアユニバーサルデザインに配慮した印刷物の展示をゆっくり見たり、色覚障害を体験できるレンズもありました。

MUD_tenjisample

そして貴重な体験もできました。高齢者の不自由さを疑似体験できるグッズを身につけ、スタッフと一階まで降りてみるというもの。手足には重り、目にはゴーグルをつけます。視野がせばまり、物はぼけ、世界が黄色味を帯びて見えます。当たり前ですが体感するというのは想像を超えますね。

 

午後は文字組版編の講義。講師もバトンタッチ。大学で教えている方だそうです。私にとって、今まで若い頃からバラバラに得ていた組版の知識を、まとまった状態で教われるのはおもしろかったです。話は基礎の基礎的な内容からUDフォントまでかなりスピーディに進みました。基礎とはいえ専門的な内容なので、このスピードにはおそらく一般人にはついていくのは不可能。やっぱり受講者は実務経験者がほとんどかな。

昼食後だし基礎的な内容とあって、船を漕いじゃっている人もいました。逆に身を乗り出して見ている人が多かったのは活版時代の貴重な映像。若い人たちには新鮮だったのかも。

長い講義が終わりいよいよ検定の時間に。と、その前に再び講師が登壇して解答のポイントを説明。手厚いです、この検定。そもそも検定自体、付箋を貼ったテキストを見ながらでOK。企業で来ている人たちは、落ちたらかなり恥ずかしいでしょうね。

そして検定スタート。問題量はけっこう多いです。テキストからゆっくり答えを探す時間はあまりないので、付箋が大活躍。余裕でした〜と言いたいところですが、実際けっこう焦りました。時間内に間に合うのか! ? でも終わってみると時間が余りましたけど。

 

こんな感じで一日がかりの検定がぶじに終わりました。受講生への配慮が手厚い検定でした。それ自体、こういう道を作れと背中を押されている感じ。ユニバーサルデザインというと、特定の人に配慮するデザインと思われがちかもしれませんが、その配慮はみんなが心地いいものなんだと思うし、そうなるようバランスをとるのもデザイナーの仕事なんだと思います。

 

この日、娘のお迎えやお世話は主人が「任せろ!」と言ってくれたので、のんびり銀座を散歩して、羽を伸ばしてから帰宅(会場は銀座の近く)。夜に任せたことはほとんどなく、2歳になってから初めての主人ワンオペ。でも普段から仲良しの二人なので安心してのんびりしてきました。

ginza

 

学んだ内容はさっそく仕事に活かせています。そして検定2級も申し込んじゃいました。

2級の取得は、なんと2日がかりになります。当日以外にも予習と検定後の課題提出が必要。3級と違って色のパーセンテージを比較する応用問題が多く、数字が苦手なわたしにはちょっとため息なのですが、どんな講義を受けられるのか学生気分で楽しもうと思っています。

 

 

MUD検定3級に合格した話

| 2018.07.30 Monday |

MUDアドバイザー

 

このたび、メディア・ユニバーサルデザイン・アドバイザー(略してMUDアドバイザー)検定に合格しました!
と言っても大方の方からはなんだこりゃと思われそうです。思い切りざっくり簡単に言うと、メディアに関する「視覚情報」を、高齢者や弱視者、色覚障がい者など視力に問題がある方にも見やすいよう配慮したデザインに整理することがメディア・ユニバーサルデザイン。
アドバイザーはその教育検定3級の認定資格です。
検定は2011年からNPO法人 メディア・ユニバーサルデザイン協会が実施しています。

小さい文字が見づらい、色が見分けづらい、情報が読み取れない、ある程度の年齢になれば誰にとっても無縁じゃない話です。それに視覚に自信がある方でも、くっついた行間や余白のないレイアウトに読みづらさや見苦しさ感じることがありますよね。
3級はデザインで問題解決を図る基本を勉強し、必要な情報が届くような改善案をアドバイスできる資格です。

3級は入門編といったところなので、この仕事をしていればまあおおかた受かるレベル。ブログで長々と自慢することではないのですが、たまには私の目標をしっかり書いてみます!
わたしももう40代半ば、とうに不惑は越してますが残念ながらまだまだ惑いまくり。
これから自分はどういうデザインをしていきたいんだろう? 今年に入ってから自問していました。

それで一番しっくりときたのが、高齢者に配慮した見やすいデザイン。「雰囲気重視の伝わらないデザイン」からは卒業し、必要な情報をちゃんと伝えることに自信を持つ! 我ながらなかなか現実的な目標です。

それにはまずユニバーサルデザインをちゃんと勉強したいと調べていたところ、この検定を知りました。
メディア系のユニバーサルデザインは独学するための情報が少ないので、勉強するには検定に申し込むのが一番良さそう。
ありがたいことに3級は朝から1日がかりで講義を受けて簡単な試験を受けるだけなので、仕事と育児しながらでも余裕を持ってのぞめました。
検定料は一般16,200円。ちょっとお高めですけど、講義とテキストが含まれているので妥当といったところでしょう。

その検定自体も、ユニバーサルデザインを意識した取り組みが随所に見られおもしろいものでした。まあ検定なんて今まで簿記3級しか受けた経験がないので、あれこれ言えた立場ではないのですが、次回は試験当日のレポートも書いてみます。と言ってもいつになるやらですが。。。

 

「とまれマーク」が子供を動かす

| 2018.05.11 Friday |

2歳4カ月になった娘、あいかわらず食べることとしゃべることには活発! 保育園にも元気に通園しております。
その保育園。大人の足でわずか5分の立地なのですが、行き着くまでに横断歩道を3つと踏切を1つを越えねばならず、そこはちょっと緊張するところです。
そもそも自宅のマンションを出るとすぐ大通りなので、どこに行くにもたいてい信号待ちはついてまわります。赤信号で止まって青信号で進むことはなんとか理解している様子ですが、まだまだまだ飛び出したいお年頃。
そんなある日、なんと歩道には子連れママの強い味方が設置されていたことに気がついたのです。
それはこちら↓

とまれマーク

 

 

とまれマークというのかな? 遠い昔から存在していた記憶はあるけど、子供を持つまで気にとめたことがなかった。それどころか、どこか無用のものと認識していたかも。。
今はそう、崇めています。開発してくれた方ありがとう!!
これは子供が自ら足をぴたっとはめて止まってくれる神アイテムなのです。
自らというのがいいところ。もちろん大抵は「ここにピタっー」とか促すのだけど、いやがることなく足を載せてじっとしてくれて、飛び出す心配がだいぶ減りました。
子供を楽しませながら、命を守ってくれる大発明です。

こういうのを、マーケティング業界でいう行動誘発装置(by 博報堂行動デザイン研究所)と呼ぶのでしょうか? 見るだけで行動にうつる気にさせるしかけ(デザイン)。この場合は「とまる」という行動ですね。

 

これにならい、子供の爪切り用の手型を作ってみました。爪切り、これも苦労します。じっとしていてほしいのに逃げ回って切れないこともしばしば。こまめに切りたいのに気が重い作業です。
作ったのはコピー用紙にマジックでささっと手型を書いただけのもの。

hands print
「お手てのせて〜」というと、、す、すんなり手が出てきました。
片手ぶんはじっとしていてくれた、それだけでも感動。うるさく言わなくても動いてくれるなんて! 眉間のしわもゆるみそう。

歯磨き後のぶくぶくぺーにも最近ずっと反抗的。昨日もやっとコップを手にしてくれたものの、むっとした顔で「ぜったいのむ」とか言ってるし。

そこで小さい湯呑みを差し出し、「ここにぺーしてごらん」と言ってみました。するとガラリと態度が変化! 湯呑みめがけてせっせとぺーし始めました。「まと」があるだけでこうも違うとは。

こういうのをどんどん活用すれば子供の世話が楽しくなり、声も枯らさずに済みそうですね。

 

着替え、手洗い、歯磨き、うがい、ドライヤー、いくら言ってもやらないし逃げるので追いかけ回す毎日ですが、ある時娘がぽつり。「おかあさん、なんどもいう。。」
へ、、それはあなたがやらないし逃げるから、ていうかわかって逃げてたのかー!!

あのー、2歳児をお持ちのお母様お父様。一応、何度も言わなくてもわかってはいるそうです。ためしにオムツ替えも、言うのは一度にして、オムツとズボンをきれいに置いて放置しておいたら、だいぶたってから自分ではいてました。
とは言っても全部待っていたら日付が変わってしまうので、やっぱり行動誘発装置がほしい!

今ほしいのは、仕上げ磨きを進んでやらせくれるしかけです。ごほうび系じゃないやつ。

どなたか思いついたら教えてくださいませ。

両親フリーランス、さて保活の結果は

| 2018.03.19 Monday |

保活の結果がとりざたされた2月も終わり、はや3月の半ば。

娘、1月頭から待望の保育園に元気に通っています。
これが認可保育園ならめでたしめでたしなのですが、認可ではなく認証保育園。
認可は?というと、実は2月に内定の通知をいただきました。なのになんと辞退してしまった我が家。
あっさりと認可の方を選べるほど利があれば良かったのですが、今の認証保育園がとても良いところで、費用負担をのぞいて距離と雰囲気だけで比べれば軍配はこっち。お金だけで選ぶと後悔しそうで迷いました。

フリーランスは認可保育園に入りづらい。この不公平解消のための署名運動も盛り上がっている昨今です。ほんとに辞退なんていいのでしょうか?(今さら) まして必死に保活して得た内定、私には迷い迷っての決断でした。その点旦那のほうは、保活はわたし任せだったせいかあっさりしていましたね。「こっちでしょ!」というかんじで。

またうちの場合、いろいろと調べた結果、来年は幼稚園に入れたい気持ちが大きくなってきたのもぐいっと背中を後押ししました。

さかのぼって昨年12月、申し込みをする際は、もう入れれば多少遠くても! という気持ちで希望を出しました。両親がフルタイムの会社員でも2歳児の枠は激戦なところうちは両親ともフリーランス。所定の用紙の枠内には収まらない自分の勤務状況を、自前の用紙を作成して必死のアピール。
幸い大田区も頑張ってくれていて、通えそうな範囲に4月から3つも新しい園が開設予定です。そのうちのひとつ、2駅先の園にひっかかれたというわけです。

なので決してその園の雰囲気が悪いというわけではなく、単に未知数ということ。それと新設園だと全クラス春は大泣き、先生も手がまわらなそうで落ち着くのはいつ? という勝手な想像です。
贅沢言うようですが、やっぱり家から近いのは助かる! まとまった仕事時間が増えるだけでなく、急な呼び出しにも対応しやすい。なにかと余裕が持てます。

また私たちの働き方が、仕事も休みもあったりなかったりのフリーランス。認証保育園は認可に入れるまでのつなぎだと思っていたのですが、入ってみると働き方との相性がいいのです。
そこの園は、月毎に週4保育か週5保育か選べるという柔軟なシステムがあります。私のふだんの仕事量だと週4でも足りてしまいます(残念!)。そもそも私たちは会社員よりも平日は休みやすいけど、土日に連休は取りづらいので、週5保育だと親子3人そろっての休みを作るのがちょっと難しい。娘は3人でお出かけが大大大好き。近くの公園でもいいのです。今までは3人で出かけられる機会が少なすぎたので、これからは増やしてあげたい。

認可でもちょくちょく平日に休ませている人もいるでしょうけど、堂々とできるものではないですから。

働き方は各家庭それぞれ。それを前提としてくれている園なので、登園の急な追加や変更にも寛大です。だいたいはパソコンからの連絡で済みます。
それでいて保育内容は認可と遜色なし。認証保育園もそれぞれですが、ここが近くにあって入れて良かった! あと1年どうぞよろしくお願いします。大田区長さま、補助金をどうぞよろしくお願いします。

娘も「自分の保育園」が嬉しい様子。これまで時々お世話になっていた一時保育の施設では、やはり緊張するらしくいつも不安そうでした。でもそろそろ子供同士で遊ぶことにも興味津々。0〜1歳半ぐらいまでの人見知りが激しかった頃からすると嘘みたいな成長です。満2歳から通い始めましたがちょうど良い時期だったかも。いろんな遊びができて楽しそう♪

わたしも去年は仕事と子供の相手とよくがんばったと思う。子供の預け先を確保しながら綱渡りの時もありました。子供と離れることには未練なし。うちの娘はいやいや期もお昼寝に抵抗する時期もやや早めで、1歳半ごろからはじまったので、すでにもう十分という気持ちです。

子供は大好きで、世話もあまり苦にならないのですが、子供のペースでの遊び、特に外遊びの相手、得意じゃないので疲れます。楽しいんですけど、仕事と違う疲れ方です。うちの娘は性格的には相当育てやすいタイプなのにこの疲弊感。世の中には同じく遊ぶのがそんなに得意じゃないお母さんはたくさんいると思う。
仕事をしてるしてないにかかわりなく、満2歳からは希望すれば誰でも「自分の保育園」に行けるしくみになればいいですね。もちろん補助金ありで。まあ昔だったら、家から出れば路地で近所の子供と勝手に遊べたんだろうけど、今はそうはいかないので。

 

 

まかせて〜

| 2018.03.12 Monday |

昨日は久々にあたたかい晴れの土曜日、久々に母子そろって元気。
食べてばかりで運動不足の娘をひっぱって、久々に川原の公園に遊びに行ってきました。

ボール遊びに目をキラキラ。大好きなしまじろうの影響かな?

「サッカーボール〜♪」(ほんとはバスケットボールだけど)

「あーたんにまかせて〜〜」を連発しながら、かかえてトコトコ歩いてました。

ところがほとんど蹴らない、投げない、どんどんトコトコ。

単に「まかせて〜」が言いたいだけの娘でした。

 

 

ブログも本当に久しぶりになります。

1月から待望の保育園に通いはじめ、慣れて2月を迎えたところで私がインフルエンザでダウン、娘も体調を崩したり、復活したところで中耳炎になったりで、ずーっとバタバタ。食事も手抜き。でも保育園のおかげで一食は心配いらないのが助かる!  お昼ご飯もおやつも美味しいらしく、おかわりしてきます。そこにきて外遊び不足なので、、横に大きくなりました。なんだか体が重そう、動きものったらのったらに見える。
春だしこれからお休みの日はいっぱい外遊びしようね!

今通っているのは認可でなく認証保育園です。実は2月に認可にも内定したのですが、遠かったり不安があったりで辞退してしまいました。。

費用はかかっても、近さと安心をとりました。このご時世、この激戦区で保育園の内定を辞退するなんて、心苦しさも感じています。また詳しく書きたいと思います。

 

歯みがきアーン 2

| 2017.11.07 Tuesday |

歯磨きはあいかわらず逃げ回られながら四苦八苦しております。

旦那に磨かれるのも数回で飽きて効果なし。歯ブラシを持って自分で磨くのもすぐにポイ。

 

そんな先日、今度はバアバ(旦那母)宅でバアバに磨いてもらう機会がありました。

その前の週にも磨いてくれていて、「自分で磨くのとっても上手だったわよ〜、びっくりしたわ」とバアバ。

は? そんなはずは??

さてその日もバアバから歯ブラシを渡された娘。大好きなバアバから嬉しそうに受け取り、前の歯も奥歯も上手にシャカシャカ!

仕上げも逃げるどころか自分でごろんしてバアバにあーん♡

いつもまずは「オイシカッター」と飲んじゃううがいも、一発でぴゅーっと決めました。

おいおいおいです。

 

感心するバアバと困惑するわたしでありました。

うるさく教えなくてもできるのはわかったけど、家でもやる気スイッチを押すにはどうしたらいいのか、誰か教えてください。

トイレトレー 1ヶ月後

| 2017.10.18 Wednesday |

オムツぱんつ

トイレトレその後です。
ゆるーくダラダラと進んでいます。

はじめてから1カ月。当初、1日数時間はオムツ外すつもりが、やっぱりあちらこちらにジャーっとなるのに私がめげて、徐々に短くなってしまっています。
それでもオマルや外出先での子供用トイレにだいぶ慣れてきて、おしっこは座らせるとジャーッと出せることが多くなりました。大のほうも時々。

ほんとは短期集中がいいのもよくよくわかるんです。
初日が一番興味津々で、自分で大もしてくれたしね。あれはビギナーズラックとなりました。
外している時間が長いと集中するのかときどき自分から座ることもあるけど、しばらくオムツにしているとまた元に戻る感じ。おまるへの興味も徐々に薄れてきてるし、喜んで自分でトイレに捨てに運んでたのもやや飽きたらしい。のりのりで履いてたメロンパンナちゃんトイレスリッパも飽きてきた。今日は自分からオムツでと言い出した。

自分に言い訳になっちゃうけど、まだおしっこの間隔が短いので、もっと開くようになるまでは「ならし」でもいいかなーと思っています。ご褒美シールもまだ認識できないし。
娘にとってオムツよりおまるに出すほうが気持ちいいのは確かなはず。
とはいえあんまりトイレトイレ言うのもお互いストレスになるので、手探り状態ですがゆるトレのまま続行しようかなと思います。

トイレトレを始める時期は2歳以降が多いらしいです。でもなるべく素直に親の言うことを聞く時期で考えると、私的には1歳のほうがおすすめ。例えば朝イチの少しぼーっとしている状態を、無理におまるに乗せてもまだ許されるけど、イヤイヤがひどくなってからだと激怒されそう。「オムツがいい」って言われちゃうと思う。
女の子だからというのもあるのか、日々主張が激しくなっています。
最近は一人称もはや「あたし」です。少し前は「あきちゃん」と言っていたのが、だんだんと主張したい時は「あたし」が増えてきたのが恐ろしい。
自分を振り返ると、自分のことを「あたし」というんだと気付いたのは幼稚園ぐらい。けっこう衝撃の気づきだったのになぁ。最近の子は早いですね。情報が多いせいかな。
トイレトレグッズに加えたものがひとつ。
床のおしっこ拭き取りに使ってる布オムツがとても優秀なので、オムツパンツを作りました。パンツと言っても、長辺を少しカットして端を縫ってゴムを通しただけ。
それだけで普通のパンツより吸収がいいパンツになりました。もちろんそれでも垂れてくるので、出た感覚もちゃーんとわかります。

オムツパンツ2
トレーニングパンツは洗濯するとなかなか乾かないのがネックだけど、これだとすぐに乾きます。

 

グッズもいいけど、なんといっても一番助かるのはそう、「パパ」の協力です。わたしにとっては絶対不可欠。
これからトイレトレを始める方は、まずパートナーの協力を取り付けることがおすすめ。もしどうしても実務が無理なら相談役だけでも担ってほしいな。ひとりでのトイレトレはストレスが大きいけど二人だと途端にゲーム感覚が加わって、気持ちがグーンと楽になりますから☆
それも無理ならいっそ3歳ぐらいまで始める時期を伸ばしてもいいかもです。それほど重要だと思っています。世の旦那衆、トイレトレを何卒よろしくお願いいたしま〜す!

うちの旦那は数字に強いだけあって、オムツが長引いた場合の使用総枚数と金額を計算して、生まれてすぐから早く外す気だけは満々です!

歯みがきアーン

| 2017.10.16 Monday |

最近の娘「ままー、だいすきー、ぎゅう〜〜♡」と言いながらよく抱きついてきます。ほんわかした気持ちになります♡

きっとママに甘える1歳児たちはみ〜んな同じ気持ちなんでしょうね。うちの子は言葉が早いからはっきり言ってくれてます。わかりやすい。

そんな娘でもママに歯磨きされるのは大嫌い。

逃げ回った末、抵抗して暴れるのが常。無理に抑え付けて口をこじ開けて磨いてます。

歯医者さんからもそれでいいと言われたし、どこもみんなそんなもんよねと思っていました。

と、こ、ろ、が

昨夜のこと、いつも歯磨きには及び腰の旦那に歯ブラシをバトンタッチ。娘には「パパにみがいてもらう?」と促してみました。

するとなんと「うん」と言いながら自分から膝に登ってお口をアーンとするではないか。

 

娘の別人ぶりにびっくり。

そして私と同じ苦労を味わってもらおうと思っていた旦那は、おっかながりながらもやすやすと歯磨きを終えて自信をつけていました。

先生ぶって指導するつもりが拍子抜け。

やや釈然としない気持ちが残りましたが、まあこれでたまに歯磨きを変わってもらえます。

パパにはいいところを見せたいという娘の気持ちもわかったので、これからもなにか困ったときはパパにバトンを渡してみようと思います。

 

 

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
カテゴリー