日々ろぐ

真似されて気づく

| 2017.06.07 Wednesday |

まねっこ大好きな1歳児といると、自分や主人の「くせ」に改めて気づかされることも多いです。だいたいが苦笑いしちゃうダメダメなとこ。口癖もそう。

娘、言葉がどしどし増えてくる時期です。ざんねんなことに否定形というかネガティブワードも一式すんなり出てくるようになりました。「イヤッ、チアウ、ナイッ、コアイ(こわい)、メェッ(だめ)」など。
なるべく覚えてほしくなくて、「疲れたー、無理ー」は使わないよう気をつけてるけど、「ダメ」などはつい出ちゃう。イヤッは絵本から覚えられてしまった。
特に娘が気に入って使ってるのが、「ちあう!(違う)」
けっこうビシッと言われます。
これは聞いてて「イヤっ」よりもソフトでむしろ微笑ましかったのですが、ある時、わたしの真似なんだって気づいて焦りました。そ、そういえばよく使ってるじゃんわたし(-。-;;; やだー、職場でもよく使ってたのかな、感じ悪かっただろうな。。完全に手遅れなのに恥ずかしい。

返事がわりに「ナイッ」「シナイッ」も出ます。ときどき首を振るジェスチャーつき。
これはしっかり意味がわかってるわけじゃなさそう。なんだか中途半端。
そして気がついたのが、主人が「〜しよう!」の意味合いで「〜しない? 〜じゃない?」とよく口にしている。
例えば「お外に行かない?」とか誘うと、元気に「ないっ」と返事される。これは行きたいんだねー、うん。
紛らわしいのでそこは、「行こう!」や「しよう!」で統一してほしいと主人にお願い中。でも無意識に使ってる言い回しなので難しそうです。染み付いてるんですよね。
オーバーかもしれませんが、自分のやりたいことを元気よく主張できる子になる第一歩はここにかかっている! がんばれパパ。
「ない」は、わたしが他の部屋に行こうとするのを阻止したい時に「ママ、ないっ!」と言ったりもするので、正しく(?)使っている時もあります。

一応ポジティブワードもちらほら使ってます。「タッ(やった)」「ワーオ」。
こっちが増えてほしいなー。

そんな娘は、昨日も一昨日も寝言で「イヤァー」とつぶやいていました。イヤイヤ期がそろりそろりと近づいているようです。

2017年6月
« 2月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
最近の記事
カテゴリー