日々ろぐ

春の畑に行ってきました。

| 2014.04.11 |

 

4月5日、久々に畑に行ってきました。春まっさかりでした。

水菜紅菜苔

ヤグルマギクケール

畑の風

茨城のポコアポコ農園さんで草取りのお手伝い。いつものように週末農風のイベントです。

今回の手伝いはたった1時間ほどヨモギ摘みをしただけ…。滞在は5時間ほどでしたが後は食べてばかりだった気がする。いつもながらよかったのかしらこれで^_^;

和知さんに花ざかりの畑を案内してもらい、それからビニールハウスのかげで持ち寄りランチを広げ、春の畑の空気を深々と吸いながら則子さん(奥様)の焼いたパンもごちそうになり、帰りは則子さんの絶品ヨモギスコーンとカラフル干し野菜をお土産にいただき楽しい遠足(?)でした。

畑では、一見同じにように見える菜の花を、これは小松菜、これは白菜、などなど和知さんに種明かししてもらいつつ、葉っぱをちぎってはパクリ、「おいしー、これは甘い! こっちは辛みがある!」。味にはそれぞれ違いがあり、試すのがおもしろくてつい手がのびました。「道草を食う」の草ってきっと菜花のことだなーなんて確信。

 

去年修理してから使わないままだったカメラ。今回は田中が同行しなかったので、久々にひっぱり出してみました。

にんじん育苗ほうれん草2

 

小松菜とほうれん草の見分け方、ご存知ですか?

よく根っこの色を見ましょうと聞くのですが、今回決定的な違いを教わりましたー!

 

お花がぜんぜん違いまーす!

コマツナほうれん草3

ヒント:小松菜はアブラナ科、ほうれん草はアカザ科。

 

 

アブラナ科は小松菜も水菜もターサイも白菜も花は一見同じように見える、いわゆる菜の花です。一方ほうれん草はの花はぜんぜん違う形状!つぶつぶしています。雌雄があるそうで、写真の株は雄だそうです。これにもへえーー。

 

和知さんが育てているのは、今ではあまり見られなくなった日本ほうれん草。福島で育てていた方から震災後に貴重な種を託されたものです。無事にとても元気な花を咲かせ、次の世代につながる準備をしていました。

 

こんなに花がいっぱいの畑ははじめて。すっかりリフレッシュしてきました。

ポコ・ア・ポコ農園さんありがとうございました〜〜!