日々ろぐ

下田旅行二日目

| 2013.08.04 |

 

荒磯浜

二日目は朝6時半から海辺の散歩に出ました。

前夜は下田駅近くの和食屋さん磯華で、金目鯛の煮付け、サザエの刺身、イカの塩辛など魚づくし。

下田さいこ~と感激した後は、移動疲れでそろって早寝してしまったので、早々と目を覚ましたわけです。

 

宿をとった吉佐美(きさみ)は、下田駅からバスで南に10分ぐらい。

吉佐美大浜と荒磯浜というビーチに続く川沿いには、ボードウォークが整備されていました。

 

ボードウォークハマボウ
ボードウォークは海辺にはよくあるけど、川辺にはめずらしい。

行ってみると川沿いに干潟があり、干潟にハマボウの並木。ハマボウの間にボードウォーク。

よく作ったな~これ。

干潟にはたくさんのカニ、カニ、カニ。カニの集合住宅と化してましたよ。ほかの生き物もたくさんいそうな気配。

 

広々としたビーチでは、サーファーたちが波乗りしていました。

 

波に足をひたして立ち止まり、ひんやりとした波に洗われる心地よさを満喫しながら、頭の中ではぐるぐると考えがまわっていました。

…水冷たいな、波強いな、ここで泳げる? むりむり寒い。泳がないで今日どうする? おみやげ買って帰る? それもいいか、いやいやここまできてもったいない。どこかに移動? ?どこどこ?

ここで思い当たったのが恵比寿島。

 

1日目、下田駅のバス停のベンチでアイスを食べながら、地元の老婆とかみ合わない世間話をしていた時に出てきた地名です。

須崎半島にお住まいのおばあちゃん。「今日は海女も漁に×××」「へぇ~海女さんいるんですか。どこに??」「xxxx恵比寿島とか」。(どこだろう?)

後でスマホで調べると、意外に下田駅に近いファミリー向けの磯とのこと。

海女さんが行くぐらいだから、きっといいとこに違いない!

 

「移動してみてもいい~?」

 

10時には恵比寿島に着いていました。

泳いだ後に立ち寄れる温泉とごはん処も田中が見つけてくれたので、そこに荷物を預けて海へGo!

恵比寿島

須崎海岸2

須崎海岸1

半島から橋でつながった小さな島。

橋からは地元の子かな?ドボンドボンと飛び込み大会です。

 

半島と島の間が流れがゆるやかで、子供の遊び場になっていました。

 

入ってみるとびっくり。

浅いのにヒリゾ浜に負けないくらい魚がいっぱい!水槽で泳いでるみたい。

田中ははじめて見るアオリイカの群れにびっくりしていました。

ただヒリゾ浜にはいなかったクラゲがここにはたくさんフヨフヨしてました。

幸運にもなぜか刺されずにすみましたけど、気をつけなきゃですね。

それをのぞけば本当にのんびりと海遊びできました。
ただしちょっと離れるととたんに流れが強くなるので、狭い範囲を行ったり来たりでしたけど。

島の周囲を歩いて、地層でできた岩壁を見るのもおもしろかったです。

岩壁

海岸からすぐのところにある「ホテルいそかぜ」で入浴と食事ができるのも楽で良いです。

海鮮丼

 

下田駅からも近いし、浅瀬も多いしここはお子さん連れにはおすすめ〜。と思ったのですけど、逆に砂浜で波と遊びたい子どもも多いようなので、生き物好き、水に入るの好き! な人向けですね。わたしも子どもの頃は磯よりも砂浜で遊ぶほうが好きだったな。
ちなみにここ、カップルの姿はぜんぜん見えず。

こんなかんじで無事に今年の夏旅終了しました。
まだまだ暑い日が続きます。
海に行かれる方は、くらげと水難事故にはどうぞご注意ください!