日々ろぐ

寺田本家と鍋店、とても対照的でとてもご近所な2つの酒蔵

| 2013.02.07 |

こんにちは
田中の方です

先日、行って来ました全国発酵食品サミット in こうざき
その2日め、神崎の発酵の拠点をめぐるツアーで2つの酒蔵さんにおじゃました。

一つ目に向かったのは鍋店さん。

鍋店

鍋店

鍋店

もう一つ目は寺田本家さん。

寺田本家

寺田本家

寺田本家

いかがでしょう?
同じ酒蔵さんでも全然雰囲気が違いますね。

鍋店さんは寺田本家さんの3倍以上のお酒を生産しているそうです。
設備も大きくて機械も多く見られます。

酵母に関しての考え方も対照的で写真をご覧の通り鍋店さんの見学時には白衣とキャップの着用が必要で外部から無用な菌が入り込むことを防ぐようにしています。今回は見学者の人数が多かったことで麹室は見せていただけませんでした。

一方、寺田本家さんは種菌は自家培養し、蔵付きの酵母を大事にしていて、麹室も自由に見学せさてくれます。
いろいろな菌を皆さんに持ち込んでほしいと言わんばかりのやり方をしています。

鍋店さんでは納豆菌が入り込んだりするとちょっと大変なことになる、とおっしゃっていましたが寺田さんでは、別に問題ないとおっしゃっていました。

そして味のほうですが、これがまさしく対照的で鍋店さんはすっきり淡麗、一般的な日本酒らしい日本酒の味がします。
寺田さんは、酸味もあってアミノ酸の旨味が多くて、ひょっとしたらこれは日本酒じゃない!っておっしゃる方もいるかもしれないような味がします。

ちなみに私は寺田さんの醍醐のしずくというお酒が大好きです。甘酸っぱくて旨味のあるお酒です。日本酒だと思って飲むと戸惑うかもしれません。

こんな対照的な2つの酒蔵さんですが数百メートルしか離れていない場所にあって、今回の発酵サミットでは町を盛り上げていこうと協力して活動しています。

日本酒と一括りに言っても、その内側は本当に様々で豊かな世界があるなぁと再認識しました。

みなさんもぜひのぞいて欲しいです。
そのためにはまず飲まないとはじまりません!
「仁勇・不動」醸造元 鍋店株式会社
自然酒五人娘 発芽玄米酒むすひ 香取 蔵元 寺田本家