日々ろぐ

手前味噌を味見しました。

| 2012.12.15 |

 

 

先週、手前味噌を開封。

すっかりいいお味噌になっていました♪

今年は3月頭に自宅で、その2週間後に逗子の友人宅と2回しこみました。

ジップロックを開けると味噌のいい香り。

豆と麹は「雑Tha’s」から取り寄せ、どちらも全く同じ配合でしこみ、同じ時に冷蔵庫に保管しました。

にもかかわらず後から作った逗子味噌のほうが色が濃い! ちょっと濃すぎ。

 

jitakumiso

zushimiso

 

 

 

 

 

 

写真右が逗子味噌です。
自宅味噌のほうが理想の色に近いな。

これは逗子味噌を自宅味噌の上に重ねて置いて、その上に重しをしたので、
重しが軽い逗子味噌のほうが急速に発酵してしまったからだと思われます。
重しってだいじだね。

重しは発酵むらを防ぐと言われてますが、過発酵も防いでくれたみたい。

濃すぎにみえた逗子味噌ですが、中身はそうでもなくおいしそうな色をしてました。風味もよいです。

自宅味噌のほうは、色もいいうえに大豆もしっかり潰れててなめらか。上出来みたい〜。

ただどちらも塩気がちょっときつかったので、常温でしばらく置いてみることにしました。

さてどう味が変わるか♪

 

今回は2つのお味噌を比較できておもしろかった。同じ材料とつくりかたでも、みごとに違いが出ました。

何度も挑戦すると発見があって楽しいですね。

年明けは、このお味噌とほっこりあたたかく過ごそうと思います。

作り方はこちら