日々ろぐ

かいもち

| 2012.09.02 |

 

おいしいものもいろいろ食べました。これこそ旅の幸せ!

山形の蕎麦といえば、食べ応えがしっかりあって量もあっていうことなし、大好きです。

山形に行くと必ず食べますが、今回は2日続けて食べました。実は行く前の日の夕飯も蕎麦だったので3連ちゃん。

でも全くあきないのです。

特に初日の夜に行った蕎麦屋「重三」は、土地の人が口をそろえてすすめるだけあって、歯ごたえがよく味があって最高でした!

この辺りでは、そばがきのことを「かいもち」というそうです。知りませんでした。胡桃だれと、納豆おろしのたれでいただきました。ふんわりしてておいし〜。日本酒もすすみます。

二日目に行ったさばね山そばもおいしかった。オープンしたばかりだそうですが、趣があって居心地のいいお店でした。

まちでは蕎麦畑があちこちに見られました。山形では蕎麦が田んぼの転作推奨作物に指定されているそうです。

とれた蕎麦を使い、家庭で自慢の腕をふるう方が何人もいらっしゃるそう。

ずっとずっとおいしいお蕎麦をつくり続けてほしいな〜。

 

kaimoti

 

翌日はまち外れの「わらび園」に案内していただきました。

シーズンではないのでただの山に見えましたが、なんと、この山がまるまるわらびで埋まるんだそうな。

warabien

写真はほんの一部です。

わらびとり放題。シーズンには観光バスが来て盛り上がるそうです。

とるのは楽しそうだけど、食べ慣れてないわたしは山盛り食べたらおなかにきそうだな……。

shuuraku

なんて考えながら、かなりの急坂を降りて車に戻りました。筋肉痛を覚悟しつつ。