日々ろぐ

農風てさげ for アースデイ東京2013

| 2013.04.14 |

 

農風トート_1

緑の葉っぱとよく似合う、「農風てさげ」が復活です!

 

アースデイ東京2013の週末農風ブースで限定4つ販売します。
今回は新たに「n」マークデザインも加わりました。

農風トート_2

お値段は2000円。
心をこめてつくりましたのでどうぞよろしく〜。

当日はトートのほかに、「祝島ひじき」「祝島びわ茶」「ヘチマっ子たわし」を販売します。というかメインはそちら。どれも300円というお手頃価格からですので、どうぞお試しくださいませ。

ヘチマっ子たわし1ヘチマっ子たわし2

 

ヘチマをアクリルたわしでくるんで編み上げたタワシ、手編み講師でもある農風主催のトモさんのアイディア。

 

まだひじきとびわ茶の写真がないのが残念。柔らかくておいしいひじきです。

ラベルのデザインをさせてもらったので、それだけでも載せておきます。これだけはれっきとした仕事として受けましたので、いずれポートフォリオにアップする予定です。

ひじき&びわ茶

 

さて手さげ、

最初の一個は農風の活動のときの目印になるよう、自分のために作りました。たまたまあった余り布を使って。
それがまわりから好評だったのでもう少し作ることにし、去年は「土と平和の祭典」で売らせてもらい、調子にのって今回も制作。
とはいえ裁縫はもともとニガテ。わたしなんかが作って壊れないかしら、ちょっと不安。というネガティブな動機から、これでもか〜というほどしっかりした作りにはしてます。

作るのも少しは慣れてきたので今回は4つに挑戦。
布を測って裁断してアイロンして、さあようやくミシン! とミシンに向かうと思わぬ不調。ガガガーッと変な音がしてひっかかります。
さっぱり原因がわからず真っ青。でも田中に分解してもらったらなぜか直りました。
その昔、「一生もの」とミシン屋さんにそそのかされて買った高級ミシンです。
壊れるわけがないのです。

その後は順調快調、とうとう最終段階の手さげベルトをつけるところまできました。
あと1cm 縫えば4つ完成、ちょっと緊張しつつ針先をガン見しながらフィニッシュ!  息も止めました。…と、いうところで、

まさかのトラブル。またすごい音が鳴り出して縫えなくなってしまった。
えええ〜〜っ、目ヂカラそそぎすぎたかなぁ。

あと1cmなので手縫いでも完成できますが、なんとも惜しい展開。
高級ミシン、これで役目を終えたなんてことは言わずにまだまだがんばってもらいたい。
一生ものなのですから。
修理に送るのはたいへんな送料がかかりそうなので、とりあえずまた田中に分解をお願いしてみます。なおれ〜〜